感染性胃腸炎予防の食べ物はコレ!ヨーグルトやヤクルトって効果あるの?

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s

ある日突然吐き気をもよおし、
お腹の調子も悪くなり気付いた時には、
感染性胃腸炎に感染していたということが良くあると思います。

ですが、感染したと気付いた時には大切な家族に移しているということにもなりかねません。

そうならないためにも、日ごろからの予防が必要になります。

感染性胃腸炎の中でもノロウイルスの予防は、
石鹸だけではウイルスが落とせないということですので、いろいろと予防を組み合わせないといけないのが現実です。

ですが、大切な家族のためにも予防をしていただきたいと思います。

スポンサードリンク

感染性胃腸炎を予防するために

感染性胃腸炎の予防は大変だと言われていますが、
家族の一人が感染してしまうと、家族全滅の危険性が出てきます。

家族全滅になってしまうと、看護できる人がいませんので、他の人にも感染させてしまうこともあります。

そうなっては手の打ちようがありませんので、日ごろからの予防が必要となります。

では、感染性胃腸炎の予防はどうすればよいでしょうか?

一番肝心な予防法は手洗いです。

ノロウイルスは石鹸では死滅しませんが、
きちんとした手洗いをする事によって、ある程度のウイルスは洗い流されます。

手洗い方法は石鹸をよく泡立てて、
指の間、爪先、手のひら、手の甲、手首などを30秒以上かけて丁寧に洗い、流水で1分ほど良く流します。

この手洗いはインフルエンザなどにも有効ですので、普段から帰宅後、調理前、食事前、トイレあとなどの手洗いに行ってください。

手洗いができないときは、消毒用ウエットシートや、消毒スプレー、消毒用のエタノールを薄めたものなどで消毒をしましょう。

食品の加熱は85℃以上で1分30秒を目安にして、しっかり過熱をしましょう。

調理器具も漂白剤を使い、しっかり消毒をしましょう。

掃除のときに、衣類用の漂白剤を薄めたもので良く触る場所を消毒しましょう。

このような予防で、感染性胃腸炎のウイルスが体内に侵入するのを予防してください。

ヤクルトやヨーグルトは効果的?

感染性胃腸炎の予防で近頃話題になっているのが、ヤクルトやヨーグルトです。

ヤクルトやヨーグルトは、インフルエンザや花粉症の予防にも効果があると言われていますよね。

では、本当にヤクルトやヨーグルトが感染性胃腸炎予防に効果があるのでしょうか?

ヤクルトには腸内の善玉菌を増やして、
悪玉菌を減らしてくれる働きのある成分が入っていて、腸内環境を整え免疫力が上がります。

ヨーグルトの中にはラクトフェリンという、
母乳に含まれるたんぱく質の一種の成分が入っています。

このラクトフェリンが感染性胃腸炎の、ノロウイルスの増殖を抑えてくれる働きがあります。

ヤクルトやヨーグルトにはこのような働きがありますので、感染性胃腸炎の予防には効果があると言われています。

ですが、一度にたくさん食べたからと言って効果が増えるわけではありませんので、規定量はありませんが、毎日ほどほどに摂取して続けていくことをおすすめします。

ヤクルトとヨーグルトの違い

ヤクルトとヨーグルトは、乳酸菌の入っている乳酸菌飲料と発酵乳です。

ヤクルトは乳酸菌飲料で、ヨーグルトは発酵乳ですが、どちらもお腹にいいということで違いはほとんどありません。

ヤクルトは特定保健用食品で、ヨーグルトは一部特定保健用食品ということですが、違いでいうと、ヤクルトはシロタ株が入っていて小腸で増え、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして免疫力を上げる効果があります。

ヨーグルトはビフィズス菌が入っていて、大腸で増え腸内環境を整えます。

違いはほとんどありませんが、腸のどこで増えるかということの違いですので、株も菌も生きて腸まで届かないと意味がありません。

そこで、現在は腸まで届く強い株や菌が開発されていますので、腸まで届くものを選んで摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

感染性胃腸炎予防の食べ物リスト

感染性胃腸炎の、予防の食べ物をご紹介する前に、食べ物を扱う前は手洗い、調理器具の消毒をしてください。

感染性胃腸炎予防の食べ物は先ほど上げたヤクルトやヨーグルトです。

ヤクルトやヨーグルトの中に入っている乳酸菌が腸内環境を整え、ノロウイルスの増殖も押さえてくれます。

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌は、
ノロウイルスに吸着して増殖を抑えてくれますので、腸まで届く乳酸菌を摂取しましょう。

腸内環境を整えることにより、免疫力が上がり病気になりにくくなります。

食品はウイルスに汚染されているかの判別がつきにくいので、
熱に弱いウイルスを死滅させるために、必ず85℃以上で1分以上加熱したものを食べましょう。

消化にいいものを食べると、胃腸が元気になり免疫効果が上がります。

消化に良い食べ物

お粥、蒸しパン、うどん、じゃがいも 麩

まだまだ他にもありますが、
油の多いものや繊維の多いものは胃腸に負担をかけますので、茹でたりして火を通したものを食べると良いでしょう。

免疫を高める効果のある食品もご紹介しておきます。

納豆・味噌・醤油・梅干し・小松菜・バナナ・長いも・鶏肉

上記の食品は腸内環境を整え免疫力を上げてくれます。

消化吸収を助けてくれる大根おろしも添えて、毎日の食事に足してみてください。

まとめ

「ぎゅるぎゅる」とおなかの音が鳴り、
トイレに駆け込んでからでは遅いので、
日ごろからの手洗い、食べ物などの予防をし、健康な毎日を過ごしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る