花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎の違いって?原因と治し方!

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s (1)

最近、アレルギーが原因の病気の方が増えていると言われています。

その中の花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎とはどう違うのでしょうか?

症状が似ている、この二つの皮膚炎についてその原因と治し方なども合わせてご紹介していきます。

スポンサードリンク

花粉症皮膚炎とは

14b355b130fb0dacc9e9e800b67f674b_s
昨今、増えていると言われている花粉症皮膚炎とはどんな病気でしょうか?

花粉症はもうその名を知らない人はいないというほど有名になり、年々その患者数も増え続けています。

鼻水が流れるように出て止まらないとか、目が痒くなると言った症状がありますが、
この花粉がアレルゲンとなる皮膚炎が、花粉症皮膚炎です。

花粉は一年中いろんなものが飛んでいますが、特に冬から春の変わる時期に飛ぶスギやヒノキの花粉はその量も多く、症状が出る方も多いですね。

アレルゲンとなる花粉が皮膚に付着することによって、
顔や首などの皮膚がカサついて赤みを帯び、痒みを伴うという症状が出ます。

しかし、ジュクジュクするような酷い症状はみられないと言われています。

花粉症が元々ある場合や、アトピー性皮膚炎で肌の表面のバイア機能が低くなっている状態の時に
アレルゲンである花粉が触れることで症状が出ることが多くみられます。

普段は花粉症などのアレルギーがないという方でも、花粉が多く飛ぶ冬から春にかけての時期は
空気も乾燥しているので肌のバリア機能は低下しているため、花粉症皮膚炎を起こす場合もあります。

アトピー性皮膚炎とは

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s
アトピー性皮膚炎は、ダニやハウスダストが原因となって、肌に炎症が起こる病気です。

アレルゲンによる外的ストレスの他にも、精神的なストレスによる影響で症状が強く出ることもあります。

アレルゲンに皮膚が触れることによって、肌がカサカサして乾燥し、赤みを帯びて痒みを伴います。

冬の乾燥する時期も、夏の汗をかく時期も痒みが強くなることが多いようです。

痒みから肌を掻き壊してしまって、炎症が酷くなり、ジュクジュクした状態になることも多く
ひどい場合には、塗り薬などの外用薬と併用して内服による治療も行われます。

特に、寝る時に使用する寝具などにアレルゲンがあるとかゆみが強くなり寝られなくなり
睡眠不足になって、子供の場合は成長に影響が出たり、
睡眠不足からのストレスで更に症状が酷くなるため、アレルゲンの除去と痒みを抑えることが重要になります。

花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎の違い

1bc73123784369a43257508f613dcfd6_s
花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎の症状はとても良く似ていますが
この二つは皮膚の炎症を起こすアレルゲンが異なるという違いがあります。

花粉症の場合:スギやヒノキに代表される花粉が原因
アトピーの場合:ダニやハウスダストがそれぞれ原因

となっています。

花粉症皮膚炎の場合は、花粉が多く飛ぶ時期だけ症状が表れますが
アトピーの場合は症状の出方の強い弱いはあっても通年通して症状が出ます。

目の周りなどがカサカサしてアトピーかもしれないと受診して
アレルゲンの検査をしてみたら、花粉症による皮膚炎だったというケースもあるようです。

花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎は、
症状が似ていても治療方法(薬など)が違うので
その皮膚炎を起こしているアレルゲンが何かということを特定することが大切です。

おかしいなと感じたら皮膚科を受診して、診察を受けましょう。

スポンサードリンク

両方の皮膚炎を併発することはあるの?

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s
元々、アトピー性皮膚炎を患っている方で、花粉症皮膚炎を併発することはあります。

アトピー性皮膚炎のアレルゲンはダニやハウスダストですが、
スギやヒノキの花粉が飛ぶ時期に特に症状が酷くなるようなら併発が疑われます。

アレルゲンは様々なものがあり、自分がどのアレルゲンがあるかは血液検査で分かりますが、

一つでもアレルゲンがあればアレルギーになりやすい体質だといえるので
他のアレルゲンも併発するということは珍しくありません。

すでに花粉症で鼻水や目のかゆみといった症状がある方はもちろんですが、

いつもよりも目の周りのカサカサや顔が痒くなる症状が酷いなら
併発している可能性があるので受診して相談しましょう。

それぞれの治し方

6fb5c5097185ddf6dc82f556c198e9d8_s
アトピー性皮膚炎も花粉症皮膚炎も皮膚の症状を軽減させるために、
保湿をして肌のバリア機能を高めることはとても大切で、どちらにも共通する治し方の一つです。

アトピー性皮膚炎も花粉症皮膚炎も、
その時の皮膚の炎症の程度で使う塗り薬の種類は変わります。

決して自己判断せず、皮膚科を受診して処方してもらった塗り薬で治しましょう。

花粉の症状が酷い場合には、内服薬が処方されることもあります。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服することで症状が軽減されますが
これも市販薬ではなく、病院で処方してもらった薬を服用するようにしましょう。

薬以外にも、花粉が肌に触れないように対策をすることも効果があります。

★花粉症皮膚炎対策!★
おそらくアトピーと花粉症を併発した皮膚炎があるなら、
鼻水や目のかゆみもあることが多いと考えられるので、

★マスクや花粉対策のメガネで防御
★出来るだけ肌の露出はしないようにする
★着用する衣服も衣服についた花粉もすぐに払い落とせるような素材のものを選ぶ
★外出から家に帰ったら外で軽く花粉を払い落としてから家に入り花粉を持ち込まないようにする
★室内の掃除もこまめに行う

また出来れば花粉の多く飛ぶ日は外出を控えるようにする方がいいでしょう。

まとめ

花粉症皮膚炎とアトピー性皮膚炎はどちらもアレルギー疾患で、
症状もよく似ていますが、
元となるアレルゲンと症状が出る時期が異なります。

治療法はどちらも塗り薬による治療が中心となりますが、
花粉症皮膚炎の場合は内服薬を併用する場合も多いです。

どちらもアレルギー疾患なので併発することも多いので花粉の時期には憂鬱になりがちですが、

アレルゲンに対するそれぞれに対策をしっかり行って少しでも快適に乗り切れるように心がけたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る