花粉症で化粧崩れが大変!目元や鼻の化粧直しはこれで完璧!

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

花粉症の時期はメイク崩れが酷くなり困りますよね。

メイクをしてもすぐに崩れてしまう、
メイク直しが頻繁で時間が取れない、

花粉症予防でマスクをつけていてメイクがマスクに移り、メイクが崩れてしまうなど問題は山積みで、快適な毎日が送れなくなってしまいます。

メイクもしっかり決まり、お出かけをしてもメイクが気になり楽しめない、接客仕事なのにメイクが直しに行けないなどという時は辛いです。

そんな時メイクが崩れにくい方法や、簡単にメイクが直せる方法があったら便利だと思いませんか?

そ花粉症でメイク崩れをお悩みの方に、目元や鼻の化粧直しの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症で化粧崩れが・・・

91ba6301c4eab09234087800cdf8cb12_s
「花粉症のシーズンはメイクをしてもすぐにメイクが崩れてしまう」と、悩まれている方も多いと思います。

花粉症の症状は涙が出たり、鼻水が出たりしますので、メイク崩れの原因になりますね。

その花粉症を予防するために着けるマスクのせいで、口元のメイクが崩れてしまいます。

その上、花粉症の時期には肌が敏感になり、荒れて皮膚がボロボロになることもあり、化粧が乗らないという事も…。

そんな状態でいつものメイクをすると、お化粧直しが大変です。

ですが、いつも化粧をして出かけているのに、花粉症だからノーメイクで、という訳にもいきませんよね。

では、花粉症の時期にメイクをどうしたらよいのでしょうか。

花粉症の化粧直しポイント~目元~

436590073d5d0e8de52509307382662d_s
まずは目元のアイメイクですが、花粉症でなくても目元は滲みます。

気付くと目を触ってしまいメイクが崩れてしまうことも…。

ですが、マスクをしていても目元は隠すことができません。

隠すことができない目元には、化粧直しのしやすいメイクが必要になります。

そんな時のお助けアイテムは、
ウォータープルーフや、フイルムタイプのアイライナーやマスカラをお使いいただくと化粧直しも楽になります。

涙や目薬などで滲んでしまうことも、
ウォータープルーフやフイルムタイプのアイライナーやマスカラならカバーしてくれます。

つい目をこすってしまう方もフイルムタイプなら滲まず、
落ちてもポロポロになり付け直しも楽です。

目の周りのファンデーションもお化粧直しが大変ですよね。

そんな時は思い切ってBBクリームを使い、崩れにくいメイクに挑戦してみませんか?
おススメBBクリーム↓
【アヤナスBBクリーム】

ファンデーションを使わずBBクリームを塗り、
目の周りをフェイスパウダーやルースパウダーで整え、
明るめのアイシャドーを使っていただく
と、くすんだ肌が明るく見えます。

花粉症の化粧直しポイント~鼻~

f2f768f65a143ee1d0ed3f1575699384_s
花粉症で鼻水が出てしまうとどれだけ鼻をかんでも止めどなく出てきます。

その度に鼻をかんでいると鼻の下が赤くなり、酷くなると鼻の皮が剥けてしまいますよね。
そうなってはお化粧をするのもカバーをするのも大変です。

そこで!
お助けアイテムは、先ほどもご紹介したBBクリームやリキッドファンデーションを使うとお化粧直しが楽になります。

赤みが気になるときは、カラーコントロールやコンシーラーを使って赤みを押えます。

パウダー系のものを使うと浮いてしまい、
めくれた皮膚にそのままパウダー付着した状態になってしまいますので、
BBクリームやリキッドファンデーションはお化粧直しがしやすく、ファンデーションが浮くことを防いでくれます。

ですが、BBクリームやリキッドファンデーションは油脂成分が入っていますから、花粉が付着しやすくなりますので、注意してください。

スポンサードリンク

化粧崩れをしない裏ワザ

29597e69ddbe61e58389eed7436f5d8e_s
花粉症の季節はメイク直しが多く、
時間もかかりますのでできる限り直しの時間がかからないことが理想ですよね。

そこで、少し工夫をするだけで化粧崩れをしない裏ワザをご紹介します。

化粧崩れをしない裏ワザ
⋆メイク崩れの元となるマスクですが、実は昔ながらのガーゼマスクは化粧崩れがしにくく、保湿もあり肌荒れを起こしにくいのでおすすめです。
(ガーゼマスクは1日使うと雑菌が付きますので毎日洗濯をしましょう。)

⋆マスクの肌に触れる部分にベビーパウダーをつけておくとメイクがマスクに移り剥げてしまうことが抑えられます。

⋆メイク前の洗顔後は毛穴を引き締めるため、冷たく冷やしたタオルや、氷嚢などで肌を冷やすとメイク崩れを緩和できます。

産毛の処理をしておくとメイクのノリが良くなり崩れを防いでくれます。

⋆メイクの崩れた部分に、だけBBクリームを薄く延ばす

⋆アイメイク直しの時は、綿棒にリキッドファンデーションやBBクリームを付けて使うと部分的に剥げてしまった部分や、パンダになってしまったところの直しが楽にできます。

⋆パウダー系のものを使う時はできるだけ叩き込む。

⋆お化粧用のパフで浮いた皮脂を取る

⋆リップは、リップコートやペンシルタイプのものを使うとマスクに色移りしにくくなります。

このように、花粉症や風邪の時に起こる化粧崩れを防ぐ裏技がありますので是非お試しください。

まとめ

a96046231a451016589402b406162567_s
花粉症や風邪の時のお化粧直しは大変ですよね。

直す時間を考えるより、メイクに使うものやメイク方法を変えてみませんか?

夏と冬のメイクを変えるだけではなく、花粉の時期用のメイクも工夫しておしゃれを楽しみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る