インフルエンザの保菌者に接触しても発症しない期間って?

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

インフルエンザの猛威を振るう季節もピークを迎えます。

この時期は、
あちらこちらでインフルエンザウイルスの保菌者が出てきます。

インフルエンザウイルスの保菌者は、
まだ発病していなければ、自分がインフルエンザウイルスの保菌者だということに気付きません。

その間に発症してしまって周りに移してしまい、
移された人も気付かないまま、
またほかの人に移してしまい、あっという間に感染が拡大してしまいます。

そこで、自分が感染源にならないためにも、
保菌者と接触しても発病しない時期を知るのはとても大切です。

スポンサードリンク

インフルエンザの保菌期間

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
インフルエンザ保菌期間とは、ウイルスが排出される間のことを言います。

ウイルスが排出される期間とは、
ウイルスが体内に入ってから、ウイルスが検出されなくなる期間のことを言います。

インフルエンザウイルスに大人が感染すると、
1日~2日程でインフルエンザの症状が出ます。

それから1日~3日程の間ウイルスが増え、その後2日程でウイルスが排出されます。

この期間が保菌期間(ウイルス排出期間)です。

免疫力の未熟な子供の場合、
ウイルス排出期間が長く、症状が出るまでは大人と一緒ですが、

症状が出てからウイルスが排出されるまでの期間が、
一週間以上の保菌期間(ウイルス排出期間)があります。

インフルエンザの保菌者に接触したら・・・

7c544e3b8096520e786771afbf39842d_s
インフルエンザウイルスは、潜伏期間から感染することがあります。

例えば、インフルエンザウイルス感染していると思われる人と接触した場合、
体内に少なからずインフルエンザウイルスは入ります。

その時点で接触した人もインフルエンザ保菌者になり、自宅で家族にも同じことが起こります。

そして、家庭内に体力の落ちている人がいた場合、
その人の体内では取り込んだウイルスが少量であっても、
体力が落ちていると免疫力も落ちていますので、

ウイルスの増殖が極端に増え、大元の感染源だった人が軽く済んでも、
免疫力の落ちた人は重症になることがあります。

ですから、インフルエンザ保菌者かも?と疑わしい人と接触した場合は、
一日~三日はインフルエンザのウイルスをばらまかないように予防した方が良いでしょう。

インフルエンザ保菌者と疑わしい人でなくとも、
人気の多い場所にはウイルスが蔓延していますので、
感染源が分からず感染してしまう場合もあります。

保菌者とわかっている場合や、保菌者と接触をする場合は、
必ずマスクをして予防をすることが必要です。

そして、保菌者と接触をしてしまうと心配になって、
検査をするために病院に行かれる方も居られますが、
感染したすぐにはインフルエンザの反応は出ません。

発症してからでも早く病院で検査をすると反応が出ない場合もありますので、
さらにウイルスを拾わないためにも、慌てず様子を見ることをおすすめします。

保菌者が触ったものや飛沫物の感染力はいつまで?

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s
保菌者の飛沫で感染するのが一番多いですが、
保菌者が触ったものにもウイルスが付着していることがあります。

保菌者の飛沫で感染することがほとんどで、
飛沫は2m程飛びますが、
空中に浮遊しているウイルスと違い重量がありますので、それほど遠くまで飛びません。

ですが飛沫の中に含まれているウイルスは、数時間は生きていますので注意が必要です。

保菌者の触ったところにも、
ウイルスが付着している場合もあり、このウイルスも数時間ほど生きています。

ですが、ウイルス自体に増殖能力はありませんので、時間とともに死滅します。

数時間の差はウイルスの量や環境によって変わりますので、
保菌者が触れたところは掃除をし、
高湿度と高温度にウイルスは弱いので、湿度と温度を上げておくと早くウイルスは死滅します。

スポンサードリンク

保菌者でも発症しないことってある?

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s
保菌者でも発病をしないことがあります。

これは体力のある人や、免疫力の違い、
予防接種を受けている人や体内に入り込んだウイルスの量にも違いがあります。

ウイルスが体内に入り込んだ時点で保菌者になりますので、
発症しない保菌者からの感染は防ぐことが難しくなります。

ですがインフルエンザウイルスの保菌者で、
発症しない人からの感染は、発症した人からの感染より感染率少ないです。

感染して発症した人は、
くしゃみや咳という症状が出ていますので、
飛沫をまき散らすため感染が拡大します。

ですが、保菌者でも発症しない人は症状が出ませんので、
飛沫をまき散らすことも少なく、ウイルスを飛ばす機会が少ないためともいわれています。

とは言うものの、知らずに人に移す可能性がありますので、マスクはつけた方が良いですね。

保菌しても発病しない人は確かに居られますが、
ほとんどの人が発症しますので、症状が軽くて気付かない場合もあります。

普段のご自身の体調を把握して、感染しているかの違いを見分けがつくと良いですね。

まとめ

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

インフルエンザウイルスは、
ウイルスだけでは増殖できませんが、
体内に入るとあっという間に増殖して発症してしまいますので、

日ごろの体調管理や、食事などに気を付けて体力をつけ、
免疫力低下を上げてインフルエンザウイルスに抵抗できるようにしましょう。

免疫力を上げることにより、
感染しても症状が軽く済むことがありますので、
高齢者やお子様には特に注意してあげてください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る