インフルエンザの外出禁止期間は?保育園・学校・会社別にご紹介!

a14d7884baa5eeb34b9dba91d2447e1c_s

今、猛威を振るっているインフルエンザ、出来れば罹りたくないですね。

でも残念ながら罹ってしまった場合、いったいいつまで家にこもっていればいいのか?

インフルエンザの外出禁止期間はいつまでなのか?
保育園・幼稚園・学校・会社別にご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの外出禁止期間について

a5017901e8e7d22ad7f1c564d7590b62_s
インフルエンザに罹ってしまった場合に、感染を拡大しないためには
出来るだけ人との接触を避けなければなりません。

インフルエンザは咳やくしゃみ、
またウィルスが付着したものに触れるだけでも感染する危険のある感染力の高い病気のため、

人にうつさないように配慮することが必要です。

インフルエンザの主な症状の一つに高熱が出ることが挙げられますが、
熱は感染してすぐ適切な治療を行うことで、
最近ではすぐに熱が下がることも多く回復に向かう時間も以前よりも短くなっています。

しかし、このインフルエンザのウィルスは熱が下がったらすぐに
感染力が弱まることがないと言われています。

うっかり外出してしまってたくさんの人にうつしてしまうことになるので注意が必要ですよね。
インフルエンザの外出禁止期間は家で大人しくしていなくてはいけません。

では具体的に外出禁止期間っていつからいつまでなのでしょうか?

発症時や解熱時によってカウントが変わってきたりしますので、
ここでしっかり見ていきましょう。

インフルエンザの登園許可はいつから?~幼・保育園児~

お布団で寝そべる男の子
インフルエンザは集団生活をする子供たちの間ではあっという間に感染が広がります。

ほとんどの幼稚園・保育園でインフルエンザに罹った場合の出席停止期間が決まっていますが、
インフルエンザに罹った後の登園許可はいつから出るものなのでしょうか?

幼稚園・保育園児がインフルエンザに罹った場合、
登園許可をもらうためには次のような条件を満たしていなければなりません。

① インフルエンザ発症後、熱が下がってから3日が経過している
② インフルエンザ発症後、5日が経過していること

例えば、
○ インフルエンザ発症→2日目に解熱 発症から5日経過している
○ インフルエンザ発症→1日目に解熱 発症から5日過ぎてから
○ インフルエンザ発症→3日目に解熱 発症から5日過ぎていても解熱から3日経過してから

以上のような場合が登園許可がおります。

*解熱した日を0日目と計算して3日目までは外出禁止期間!!!

○ 解熱してからの日数が3日以上経過していない
○ 解熱して3日経っても発症から5日経過していない

以上のような場合は登園許可はおりません。

免疫機能がまだ未熟な幼稚園や保育園の園児は、
ウィルスの増殖期間がそれ以上の年齢の者よりも長いと言われています。

また、保育園では学級閉鎖に出来ないので、外出禁止期間が長めに設定されています。

インフルエンザで学校に行けるのはいつから?~小学生以上~

マスクの男の子
幼稚園・保育園以外でも、小学校・中学校・高等学校などでも、
爆発的に感染が広がることの多いインフルエンザに罹った場合、
こちらもそれぞれの学校で出席停止期間が決められています。

小学校・中学校の場合は、
学校保健法でも定められていてそれを守ることが義務付けられています。

小中学校や高等学校の児童や生徒がインフルエンザに罹った場合、
再び登校可能となるには以下のような条件を満たしていなければなりません。

① インフルエンザ発症後、熱が下がってから2日経過していること
② インフルエンザ発症後、5日が経過していること

幼稚園や保育園の園児よりも解熱してからの日数が1日少なく設定されているのは、
園児よりも、免疫機能が発達していて、ウィルスの増殖期間が短くなるためです。

しかし、小学校低学年のうちはやはりまだ配慮が必要な面もあるかもしれませんね。

園児の場合と同じように、

○ インフルエンザ発症→2日目に解熱 発症から5日経過している
○ インフルエンザ発症→1日目に解熱 発症から5日過ぎてから
○ インフルエンザ発症→3日目に解熱 発症から5日過ぎていても解熱から2日経過してから

以上のような場合でないと登校許可はおりません。

そして、インフルエンザ発症後5日経過していることと、解熱してから2日経過していないと
登校許可はおりません。

スポンサードリンク

インフルエンザで会社に出勤していいのは?~社会人~

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s (1)
園児や児童、学生の間ではきちんと決められている出席停止期間ですが、
大人の社会人の場合はどうでしょうか?

大人の場合は子供に比べて免疫機能が発達しているとはいえ、
インフルエンザは罹ることも多く見受けられます。

家族が感染してもらう場合や、
通勤途中でもらったり、会社内で感染が広がることも考えられます。

長く仕事を休むのは気が引ける面もありますが、学生の場合と同じような配慮が必要です。

会社によって出勤停止になる期間を設定している場合もあるので、
もし感染してしまったら、会社に連絡してどのようにすればいいのか確認しましょう。

通常では、学校の場合と同じように
発症から5日経過し、解熱してから2日経過するまでは出勤しないと考えればよいでしょう。

解熱後のカウントの仕方・見方

094d7abbd65c258ff65ef6c1f74c6298_s
インフルエンザに感染して高熱が出て、病院を受診し治療を始めた後、
比較的早く熱が下がることも多くなってきたのですが、

先に述べたような条件を満たせば、
登校(登園)または通勤しても良いということが分かりましたが

では、解熱したと判断するタイミングの見方、カウントの仕方はどうすればいいのでしょうか?

まず、発症のタイミングはいつから数えればいいのでしょうか?

熱が上がりだして、
インフルエンザかもしれないと医療機関を受診し、
インフルエンザという診断を受けた場合、

熱が上がった翌日から1日目とカウントします。
そしてそこから5日間は外出を控えましょう。

次に解熱をどう見極めるか?ですがまず、
インフルエンザでは熱の推移が診察するうえでもとても大切になるので、
1日3回、朝・昼・夜と必ず熱計表を記録しましょう。(医療機関でもらえます)

グラフに記入すると、熱の上下の推移がとてもよく分かります。

解熱した、とするのは熱が平熱になって丸1日以上経過してから解熱したと言えます。
解熱した後も、しばらくは熱の計測をしておきましょう。

まとめ

インフルエンザに罹った場合の、外出禁止期間についてご紹介しました。

園児の場合は、発症から5日・解熱から3日
それ以外の方の場合は、発症から5日・解熱から2日と覚えておきましょう。

また発症や解熱のタイミングの見極め方を間違わないように、熱をきちんと記録しておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る