花粉症皮膚炎が増加!?対策とスキンケアで予防しよう!

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s

寒い冬が終わりになる頃になると、花粉症に悩まされる方は年々増えています。

花粉症というと、
鼻水が止まらなくなったり、
目が痒くなったりという症状がよく知られていますが

実は花粉症には皮膚炎の症状もあるのです。

最近、増加傾向にあると言われている
花粉症皮膚炎の対策やスキンケアの方法や予防法をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症皮膚炎って?

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s (1)
花粉症と言えば、
鼻水がツーっと流れて止まらなくなったり、
目が痒くなったりといった症状がよく知られていますが、

花粉症皮膚炎ってどうなるのでしょうか?

鼻水や目のかゆみと同じように、
アレルゲンとなる花粉が皮膚に付着することで肌がかぶれて痒くなったり、
炎症を起こすのが花粉症皮膚炎
です。

しかし、この花粉症皮膚炎は
鼻水や目のかゆみといった症状はないという方でも発症することがあるという特徴があります。

春先になると肌の調子が悪くなり、
トラブルになることが多いと言った経験がある方は少なくないのではないでしょうか?

目の周りを中心に顔全体的にかさかさする原因
★春に急激に増える太陽からの紫外線の刺激、
★寒暖差によって起こる肌ストレスなどの外的要因
★春先に生活状況が一変したことから起こる心理的なストレスによる内的要因

この肌トラブルの原因の一つに花粉も挙げられるのです。

この時期になると毎年肌荒れが酷くなるという方は、花粉症皮膚炎を疑ってみてもいいでしょう。

元々アレルギー体質で花粉症と見られる症状がある人はもちろんですが、
特に花粉症と呼ばれるような症状が出ない方でも、

肌の調子が明らかにおかしいと感じる症状があるような場合は、
皮膚科を受診して診断を受け、アレルゲンを特定してもらうこともお勧めします。

花粉症皮膚炎が増加している理由

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s (1)
最近、花粉症皮膚炎と診断される方が増加傾向にありますが、
どんな理由から増えているのでしょうか?

元々アレルギー体質だという方以外にもみられる花粉症皮膚炎。

実はアレルギー体質ではないという方でも、花粉による刺激は受けています。

肌、その中でも特に顔は、
鼻や目よりもダイレクトにその刺激を受け取っていると言ってもいいでしょう。

その刺激を受ける肌の状態によって症状の出方は強かったり弱かったりと個人差がありますが
年々その刺激を強く受ける人が増えてしまう原因には、様々なことが考えられます。

体質の遺伝というものもありますが、やはり食生活の変化が大きいようです。

食品添加物を多く含む食事は、
アレルゲンからの刺激を強く受けやすい身体にしてしまうという面があり、
それが花粉症皮膚炎の増加の一因になっているようです。

花粉症皮膚炎だけでなく、
花粉症による鼻炎などの症状の他に、
アトピー性皮膚炎や喘息などの方が増えていることも、食生活の変化が一因と言われています。

花粉症皮膚炎の対策はコレ!

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s
花粉症皮膚炎の症状が出てしまったら、どのように対策をすればいいのでしょうか?

鼻水ならマスクをしたり、
目のかゆみなら目薬を使ったり洗眼をしたり対策をしますが

皮膚の場合は、なんといっても保湿剤!!!
これが鍵となります。

どれだけ保湿をきちんと出来ているかで随分変わってきましたが、

酷くなってしまった場合は、
ステロイド剤の塗り薬を使ったり、抗ヒスタミンと抗アレルギー薬を飲んだりしなくてはいけませんね。

内服薬は鼻水や目の症状がある方ならすでに服用されているという方も多いでしょう。

皮膚の場合は保湿することで肌のバリア機能を高めることが最も重要です。

その他にも
症状が酷い場合はステロイド剤の塗り薬も併用して、
炎症を抑えながら保湿をしてバリア機能を高めます。(アトピー性皮膚炎の治療と似ていますね)

花粉症皮膚炎対策
★肌の保湿
★衣類による皮膚の保護
★花粉の除去
★食事の改善

これらは予防法で詳しくご説明いたします。

スポンサードリンク

花粉症皮膚炎のスキンケア

鼻水対策にマスクをしたり、
目のかゆみ対策に花粉対策用メガネをかけるのと同じように
お肌にはスキンケアが欠かせませんよね。

普段なら特に問題なく使っているスキンケア用品が、
花粉症皮膚炎になってしまうと途端に合わなくなるということも珍しくありません。

花粉症皮膚炎のスキンケア手順
➀まず洗顔はしっかりと泡立てて泡で包むように優しく洗う。
➁洗顔後はタオルで優しく押し拭きし、素早く保湿するようにする。
➂界面活性剤や油分が入った化粧品を使わないで保湿をする!
赤ちゃんでも使える保湿剤なので安心安全でおススメの保湿剤はコレ↓
皮膚保護フォームはファムズベビー

肌が乾燥しないように保湿することを心がけましょう。

★花粉症皮膚炎の時期だけは普段使っている化粧品は避けて、
ワセリンを使うことも一つの方法です。

また皮膚科で外用薬をもらっている場合は、それを洗顔後すぐ塗りますが、
塗るときには肌をこすらず刺激は極力少なくするようにしましょう。

花粉症皮膚炎の予防法

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s
花粉症皮膚炎に一度かかってしまったら、
おそらく毎年花粉の時期になると症状は現れるでしょう。

そう考えると憂鬱になってしまいますが、
塗り薬や保湿などでスキンケアすることと並行して
花粉に触れる部分を少なくする対策をすれば、症状を少し軽減させることも出来ます。

花粉症皮膚炎の予防法
★肌の保湿
スキンケアでもお伝えしましたが、肌の保湿は欠かせませんね。
お風呂上りの保湿のみならず、外出時の保湿も重要です。

*外出時の保湿は洗顔後刺激の少ない保湿剤をたっぷり塗り、リキッドのファンデーションで仕上げましょう。

★衣類による皮膚の保護
顔だけは仕方がありませんが、
皮膚が外気にさらされている部分に多く出るので、
首や手足は露出を避け、長袖や長ズボンやタイツの他にストールなども利用するといいでしょう。

*その際は、軽く払うだけで花粉が落ちる素材のものを選びましょう。

★花粉の除去
原因となっている花粉を除去するというのも重要ですので、
外出から戻ったら家の中に入る前に軽く払って花粉を落とし、花粉を家の中に持ち込まないことも大切。
どうしても空気に触れてしまう顔だけは、すぐに洗顔することが効果的です。

*一番効果的なのは、すぐにお風呂に入り頭から完全に花粉を除去することですね!

★食事の改善
食べ物でも予防対策をすることは非常にお勧めです。
 ・ビタミンA(カボチャやニンジンなど)やビタミンCは肌の潤いを保つ効果がありますし、
 ・ビタミンB群(玄米や卵、納豆、バナナや牛乳)やナイアシン(マグロ)や葉酸(ブロッコリー、小松菜)、
 ・ビオチン(レバー類や落花生)などは新陳代謝を促進するので肌の再生(ターンオーバー)のスピードを上げます。

*普段口にする食べ物も食品添加物を多く含むものを避け、上記のような食品を積極的に摂りつつバランスのいい食事を心がけることも大切です。

まとめ

28bfee63404081f391c4f0c9172a4fef_s
昨今、増加傾向にある花粉症皮膚炎についてご紹介しました。

鼻炎や目のかゆみと同じように、
症状を軽減する対策をして花粉の時期を乗り越えたいですね。

食べ物にも気を付けて、花粉などのアレルゲンに強い体づくりも心がけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る