冬バテの症状って?効果のある食事や解消法はコレ!

66b202f80d34b97d35539aa73b12f564_s

いよいよ冬本番を迎え寒さも厳しくなって来ました。

寒い日が続くと、ひどい肩こり症状やなかなか疲れがとれない、と感じることはありませんか?

クリスマスやお歳暮の手配、年末の大掃除におせちの準備、お正月・・
と短い期間に楽しいイベントが目白押しの冬ですが、

夏に夏バテするように、冬バテすることもあるのです。

冬バテだと気付かずに春を迎えると、ますます長引いてしまいます。
冬バテの症状と解消法や冬バテに効く食事を知って、健康な状態で活動的な春を迎えましょう。

スポンサードリンク

冬バテの症状

夏バテ
外気温と冷房の効いた室内の気温差などにより自律神経が乱れ、食欲不振や体がだるいと感じる症状です。

一方、冬バテはどんな症状なのでしょうか?
冬バテの主な症状はこちらです。

★冬バテの主な症状って?★
①疲れやすい
②イライラする 
③腸の不調・・自律神経が乱れ、便秘や下痢と言った腸の不調
④寝つきが悪くなる
⑤筋肉のコリ
⑥免疫力低下により、風邪やインフルエンザを発症しやすくなる

夏バテと似た症状もありますね。
でも冬バテの原因はちょっと違うようです。

冬バテの原因は何?

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
冬バテの原因は自律神経に関係しています。

交感神経と副交感神経から成り立つ自律神経ですが、
その中でも、運動や興奮している状態の時に働くのが交感神経で、食事中や睡眠時などゆったりしている時に働くのが副交感神経です。

冬になると緊張状態が続き、
交感神経ばかり働かせてしまっている状態になるのです。
そして冬バテとなります。
↓  ↓  
★その原因は★

【気ぜわしさ】・・・神経がピリピリして交感神経ばかりが興奮状態となる。
【日の短さ】・・・・太陽の光を浴びる時間が短い為に気持ちが沈みがちになる。
【寒さが続く】・・・体が冷えて血管を収縮させ、血のめぐりが悪くなる。
【筋肉の衰え】・・・疲れやすい上に体内で熱が十分に作られず動く元気がなくなる。
🌸《このようにして冬バテに・・》🌸
寒い日が続くと、ついつい出不精になり、運動不足になりがちですよね。
その為に筋肉が衰えて、体が冷えやすくなります。
そこで熱を逃がさない様に血管を収縮させて、寒さから身を守ろうとするので、交感神経ばかりが働くことになるのです。

日が短い冬は太陽の光を浴びている時間が短いことが体内リズムや自律神経に影響することもあるので、
その様な状態が続き、徐々に疲れが取れにくくなるのですね。

スポンサードリンク

冬バテに効く食事はどんなものがあるの?

35ee89a109744d612d3ab23318662b72_s
夏に夏バテしても、
気温が下がり秋になると気候も穏やかになるにつれて夏バテは徐々に解消されます。

冬バテは春になって暖かくなれば自然に治るのでは?と思いますが、
春は活動的な季節になりますので体そのものが休もうとしないため、疲れがとれません。

冬バテは冬の間に体を休めて解消し、万全の体調で暖かい春を迎えたいものですね。

そこで、冬バテを解消するのに効果的な食事法をご紹介します!

★冬バテに効く食事法★
・1日3食、規則正しくバランスの良い食事を摂る。
 *毎日同じ様な時間帯に食事を摂る様に心がけましょう。

・ビタミン・ミネラルを摂る。
 *ビタミンCが不足するとストレスを溜めこんでしまいます。
  ビタミンCを含むピーマンやブロッコリー・ほうれん草、自律神経をコントロールしてくれるビタミンEが含まれるごまやピーナツ、イライラ・記憶力低下・疲労感に有効なビタミンB1の入った豚肉・うなぎ・大豆を摂ると良いでしょう。

・抗酸化成分を摂る
 ストレスがたまると体内の活性酸素を増やすので、抗酸化成分であるポリフェノールを摂りましょう。
 カテキンを含む緑茶、セサミンを含むごま、きのこ類・海藻類・緑黄色野菜も有効です。

 ○これらの冬バテ解消に効果的な食材をふんだんに使った鍋を頂くと良いですね。体のしんから温まることもできます。

冬バテ解消法

冬バテを解消するには、
交感神経と副交感神経がバランスよく働き、自律神経を整えるのが大事です。

★冬バテ解消法★
①体を温める
温かい飲み物を飲んだり、38~40度のお風呂にゆっくり入って温まりましょう。
副交感神経の働きが高まります。

②質の良い睡眠
寝る前にスマホやパソコンを見ないようにしましょう。
ブルーライトを浴びると興奮状態になってしまいます。
寝る1~2時間前はリラックスした時間を過ごしましょう。

③呼吸と姿勢を意識する
姿勢を正し、ゆっくりと息をはきましょう。
胸を開き深い呼吸をすることで副交感神経の働きを強くして、リラックスした状態に切り替えてくれます。

④体を急に冷やさない
急激に冷えると交感神経がいっきに緊張状態になってしまいます。
少しの外出でもマフラーや手袋などで防寒対策をしっかりしましょう。

⑤室内での運動
ラジオ体操やヨガ、スクワットなどで体を動かしましょう。

まとめ

冬バテに効果的なのは、気持ちをリラックスさせることが大事なようです。

あれもこれもやろうとせず、出来る事からやりましょう。

気温の変化が体に負担をかける事は間違いありませんが、
春・夏・秋・冬と素晴らしい日本の四季をゆったりした気持ちで過ごしたいですね。

スポンサードリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る