インフルエンザの正しい予防方法!間違うと効果なし!?の新常識

7c544e3b8096520e786771afbf39842d_s

インフルエンザの季節がやってきました。

毎年猛威を振るい、予防をしても感染しちゃう!という方も多いかと思います。

でもそれは予防がちゃんと出来ていなかったのが原因の一つかもしれません。

正しい予防方法を実践しなければ効果なしというインフルエンザ。

ではその正しい予防方法とは?
詳しくご紹介いたします!

スポンサードリンク

インフルエンザについて

かぜとインフルエンザの違いについてまずご説明いたします。

かぜ
原因のウィルス:コロナウィルス
症状発生場所:のどや鼻
症状:くしゃみ、鼻水、咳、
進行:緩やかな進行
熱:通常は微熱~38度まで
インフルエンザ
原因のウィルス:インフルエンザウィルス
症状発生場所:全身
症状:関節痛、筋肉痛
進行:急激な進行
熱:高熱

となります。
高熱が出たり、体の痛みを感じたら
ただの風邪ではないということがわかりますね。

感染経路:口と鼻

接触感染・・ウィルスが付着した手で口や鼻を触ることで感染
飛沫感染・・せきやくしゃみよって放出されたウィルスを直接吸い込むことで感染

インフルエンザーのピークは1月~2月中旬ですので、
年末からは特に気を付けましょう。

年末年始は運動不足に暴飲暴食、睡眠リズムがおかしくなったりと
体力が落ちるので、注意が必要です!

インフルエンザの予防方法~手洗い~

2364e60c7e6e68aca62c43c0dd6cf471_s
一番大切な手洗い。

これも
ただ石鹸をなんとなくつけて、ちゃっちゃ!って洗っちゃう方多いのではないでしょうか。

それでは全然効果なしになってしまいます。

正しい洗い方を身に着けてウィルスを撃退しましょう!

🌸正しい手洗い方法🌸
まず水洗いして全体に石鹸をなじませる。
➀手の甲を伸ばすように洗う
➁指の間を洗う
➂爪の中や指先もきっちり洗う
➃親指をねじり洗いする
➄手首も忘れずにねじり洗いする

手洗いに使う時間は1分程度。
1分って結構長いですよね。
これだけきっちりされている方はあまりいないのではないでしょうか。

🌸ポイント🌸
手洗い後に蛇口をひねると、ウィルス汚染されてるものを触ることになるので、
しっかりと洗い、ペーパータオルを使って蛇口を閉めることが大切!
ペーパーがなければ、トイレットペーパーを使う。

アルコール除菌が置いてあれば、それで代用してもOK!

またそのアルコールも今ではどこでも置いてくださっているので
身近な除菌方法ではありますが、

正しく使えている人は少ない・・・・・
1プッシュのちょっとだけ出して、パパパってなじませて終わり!なんて方多くありませんか?
(私がそうでした)

それでは効果なし・・・となってしまうのでこちらも正しい方法をご紹介いたします。

🌸アルコールスプレーの正しい使い方🌸
★目安は5プッシュくらい(3cc)・・結構べちゃべちゃでつけすぎくらい。
★手首や、指先・爪の間を念入りにこする!
★アルコールを手に入れたら、手を洗うような手順でくまなく洗うイメージでこすりなじませる。

一番汚染されているのが指先なので、一番最初に指先から洗うことが重要です!

インフルエンザの予防方法~マスク~

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s
専門家のお話しによると、
正しいマスクの付け方が出来ている人は2割もいないとのこと・・・・・

これでは折角マスクを着用していても効果なしで意味がありませんね。

しっかりと正しい付け方をマスターしてインフルエンザを完全予防しましょう!

🌸マスクの付け方・選び方🌸
★ガーゼマスクよりサージカルマスクの方が予防性が高い。(鼻に密着するので)
★マスクの方向をきっちり確認する。(裏表、上下など。)
  プリーツは下。広げたときに内側に丸くなるのでそれが口側です。
★針金部分も一緒にマスクを縦に2つ折りにする。
★鼻幅くらいのところをしっかりおり、Wの形になるように付ける。
★最後にプリーツのお折り目を顎の下まで入れて覆う。

よくマスクをするメガネが曇る・・・・
なんてことがあるかと思いますが、

これは正しい付け方をしてない証拠だそうですよ。

マスクの隙間がないと、
めがねをしていても曇らない!!!
これは本当に驚きです!(正しい方法をしてみて初めて知りました)

スポンサードリンク

インフルエンザの予防方法~乳酸菌~

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s (1)
最後の予防法は「乳酸菌」です!

食べ物で免疫力を身に着けて予防する!
やはりこれが最強なのではないでしょうか。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)と言われる細胞は
体内に約50億個あるもので、異常のある細胞をやっつけてくれる最強の細胞。

このナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活発だと
インフルエンザウィルス以外の感染症などの予防などにもとても効果があるのですが、

このナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活発にしてくれるのが「乳酸菌」なんですね。

その中でもヨーグルトなどの乳酸菌を摂取することが一番効果的だと言われています。

じゃあ、どのヨーグルトがいいの????
と言いますと・・・・

R-1乳酸菌が一番NK細胞を活性化できる!

今話題のR-1 ドリンクタイプ。強さを引き出す、選び抜かれた1073R-1乳酸菌を使用。明治R-1ヨー...

今話題のR-1 ドリンクタイプ。強さを引き出す、選び抜かれた1073R-1乳酸菌を使用。明治R-1ヨー…
価格:3,250円(税込、送料別)

今話題のR-1。強さを引き出す、選び抜かれた1073R-1乳酸菌を使用明治R-1ヨーグルト 112g 24個...

今話題のR-1。強さを引き出す、選び抜かれた1073R-1乳酸菌を使用明治R-1ヨーグルト 112g 24個…
価格:3,250円(税込、送料別)









と専門家の研究結果として認められているそうです。

スーパーなどでも手に入りますが、まとめ買いしておくと便利ですね!

インフルエンザ予防のポイント!

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s
インフルエンザ予防の6つのポイントとして挙げられるものとは?

6種の神器
★予防接種
★マスク着用
★良質な睡眠
★バランスのとれた食事
★適度な運動
★手洗い・うがい

です。

6つのポイントが揃えばどんなウィルスも撃退出来ちゃいますね!

日々の正しい予防方法(手洗い・うがい・マスク着用)を実践していても、

運動を全くしていなかったり、
良質な睡眠が摂れていなかったり、
栄養バランスの崩れた食事をしていては、
感染リスクが高まりますね。

睡眠・栄養・運動を心がけていないと
免疫力は低下し正しい予防方法をしていても感染してしまいます。

予防接種=感染しない
ではありませんが、
予防接種を受けている方は重篤な症状を免れることができる可能性が高くなりますので、
是非受けておきたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご自身の予防方法がきっちりと出来ていたか?ご確認いただけたのではないかと思います。

ちょっとしたことで随分効果が変わってきますので、
折角予防対策するのであれば、しっかりと正しい方法で行いましょう!

6つのポイントを是非心に留めておいてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る