2月の花粉症原因となる種類はコレ!咳が出るのは風邪?

937deb5a87d1a3a8865820a3dd3da9c6_s

2月といえば立春です。
暦の上では春の初めですが、まだまだ寒い時期は続きますね。

春になると温かくなり、花粉に悩まされる季節になります。

ですが、春の花粉は2月にもたくさん飛来しています。

そこで、2月の花粉の原因となる種類や、
風邪と区別が難しい咳に関すること、対策などをまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

2月の花粉症の原因

2月の花粉症は、冬の寒さのピークなので風邪と区別がつきにくく、中々判別がしにくいですね。

咳やくしゃみ、鼻水は風邪の症状でもありますので、風邪と花粉症の区別がつかず放置しておくとずっと症状が治らず不快感だけが続きます。

花粉症と風邪の区別を付けるためにも、早めに病院に受診しましょう。

2月の花粉症の原因は色々ありますが、
春の花粉で有名な、スギ・ヒノキですが地域や、気温によって花粉の飛来の時期が変わります。

スギ・ヒノキ以外にも2月に花粉を飛ばすものもありますので、自分が何の花粉でアレルギーを起こすのか知っておくと便利です。

病院で検査をしてくれますので、一度検査をしてもらうと予防もしっかりできると思います。

春の花粉、秋の花粉というより1年中花粉は飛んでいると考え、花粉症対策は毎日する方がいいでしょう。

2月の花粉症の種類はコレ!

14b355b130fb0dacc9e9e800b67f674b_s
2月の花粉症の原因となる草木の種類と言っても、良く耳にする草木ばかりです。

身近でもよく見かける草木なので覚えておくといいです。

2月の花粉症の原因となる種類は・・・・

・ ハンノキ(カバノキ科)
(ハンノキは北海道に広く分布している水辺の近くに生えている樹木です。)

・ オオバヤシャブシ(カバノキ科)
(太平洋側に生えている樹木です)

・ スギ
(日本全土に広く分布している樹木です)

・ ヒノキ亜科
(日本本土に広く分布している樹木)

上記に書いた通り地方によって花粉の飛来時期は違いますので気づいたら…と、いう事にならないように、2月も花粉が飛びますので、予防・対策はしっかりしましょう。

咳がでるのは風邪?

7857abd43aeb40c97baaae0f970d2cf8_s
花粉症の症状
くしゃみ・鼻水・咳・目のかゆみ・微熱

風邪の症状
くしゃみ・鼻水・咳・熱

症状似ていて区別がつかないですよね。

そこで、風邪と花粉症の見分け方をご紹介します。

花粉症      

鼻づまり       少し詰まることはありますが、鼻水が大量に出ることが多いです。
くしゃみ      続けて出ます
目のかゆみ     かゆみがあります
        喉のいがらっぽさでたまに出ます
        微熱が出ることがあります
頭痛         軽い頭痛があることも
寒気        ほとんどありません

風邪

鼻づまり     両方詰まります
くしゃみ     続けて出ません
目のかゆみ    かゆみはありません
       咳はかなり出ます
       高熱が出やすい
頭痛       頭痛はあります
寒気       寒気があります

その他にも症状の違いはありますが10日経っても症状が改善されない時は花粉症の可能性が高いです。

花粉症の咳
咳は、痰が絡む、喉がいがらっぽい時に出ますので、花粉症の場合、花粉が鼻から押し出されて喉に絡むことで咳が出ます。
しかし気管支やのどに痛みはあまりありません。
風邪の時の咳
風邪からの咳は気管支からの咳なので、気管支のアレルギー喘息では咳込みますが、喉のイガイガでは咳が酷くなりません。
しかし風邪の場合は気管支炎や肺炎なども絡んできますので、痛みが酷くなってくるという特徴があります。

咳が酷くて10日経っても咳が治らない時は、
花粉症の症状の可能性がありますので、病院で受診することをお勧めします。

スポンサードリンク

2月の花粉症対策

2月の花粉を飛ばす草木の注意点、対策を見てみましょう。

ハンノキ編
★北海道に多く分布していますが、ハンノキの仲間(ブナ目)の種類は多く、あちらこちらで見かける。
野山や湿地帯に多く生えますが、ハンノキの仲間ブナ・コナラは公園などにも生えていて、とても身近な樹木なので近づかない。
★ハンノキのアレルギーから引き起こされる、口腔アレルギー症候群(OAS)は、果物や野菜を食べると、唇・口の中・喉がピリピリしたり、イガイガしたり腫れたりする。

ハンノキアレルギーを持つ人が気を付けたい食べ物は、

林檎リンゴ・桃モモ・梨ナシ
・琵琶ビワ・サクランボ・苺イチゴ
・メロン・キウイ・オレンジ
・マンゴー・アボカド・スイカ
・キュウリ・大豆ダイズ・ゴボウ
・山芋ヤマイモ・ヘーゼルナッツ
・人参ニンジン・セロリ・ジャガイモ・トマト

上記の食べ物に気を付けて、口の中に違和感が出たら、口腔アレルギー症候群(OSA)の可能性があるので、食べた物の名前を憶えて、食べないようにしましょう。

オオバヤシャブシ編
★カバノキ科ハンノキ属、本州太平洋側、海岸のある地域に良く生えているので、近づかない。
★オオバヤシャブシの花粉自体は重いので遠くまで飛散することはありません
 オオバヤシャブシの花粉を飛ばす時期3月~4月(地域、気候によって2月~5月ともいわれています)には、生えている場所には出来るだけ、近づかない方がいいでしょう。
★オオバヤシャブシも口腔アレルギー症候群(OAS)を引き起こしますので注意が必要。

オオバヤシャブシアレルギーを持つ人が気を付けたい食べ物は、

林檎・桃・梨ミ・洋ナシ
・スモモ・あんず・サクランボ
・苺・オレンジ・ライチ・キウイ
ヘーゼルナッツ・クルミ・アーモンド
・ココナッツ・ピーナッツ・メロン
・セロリ・人参・ジャガイモ
マスタード・パプリカ・コリアンダー・唐辛子

以上の食べ物に気を付けて、
ハンノキ花粉同様口の中に違和感があれば、食べた物を覚えて食べないようにしましょう。

スギ編
★ヒノキ科スギ亜科、日本本土の野山に広く分布しているので、近づかない。
★スギの花粉は風に乗り遠くまで飛んでいきますので、近づかなければ症状が酷くなる事はない、というわけにはいきません。
 花粉症対策のマスクやメガネが必須アイテムになります。
★まれに、スギ花粉でも口腔アレルギー症候群(OAS)になることがある。

スギアレルギーを持つ人が気を付けたい食べ物は、

トマト

スギのアレルギーと一緒で、
トマトは生で食べると、口腔アレルギー症候群(OAS)を起こすことがあり、
呼吸器官の異常・腸内の異常・アナフィラキシーショックの危険もあるので気を付けてください。

ヒノキ編
★ヒノキ科ヒノキ属、日本本土に広く分布し、森林に良く生えていますので森林に近づかない!
★花粉自体は、スギの木の花粉よりも大きいですが、やはり飛来距離は遠くまで飛ぶので、花粉症対策のマスクやメガネが必須アイテム。
★ヒノキ花粉でも口腔アレルギー症候群(OAS)を起こすことがある。

ヒノキアレルギーを持つ人が気を付けたい食べ物は、

スギと同じくトマトです。

アレルギーが発症しないよう、様子を見ながら食べてくださいね。

まとめ

一年中何かしらの花粉が舞っているこの頃ですので、予防・対策は必要ですね。

自分の身は自分で守る、というくらいの気持ちで対策を心がけないと、花粉症の症状に悩まされてしまいます。

自分で出来る限りの対策をして、花粉症の症状を緩和して快適な毎日を送りたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る