熱中症が回復するまでの期間は?頭痛や嘔吐・下痢など症状別にご紹介!

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

環境や社会の変化に伴って、近年増加の一途を辿る熱中症はもう今や夏に聞かないことはないほど身近な病気となっています。
予防法や、罹った時の対処法はよく耳にすることがあると思いますが、
一度罹ってしまった熱中症は、どれくらいで治るのか?

頭痛や嘔吐、下痢などの症状別に対処法も合わせてご紹介していきます。

スポンサードリンク

熱中症の症状

人の体は、気温が高い時など暑さを感じたり体内に熱がこもった状態の時、汗をかくことで体温を調節するのですが、
あまりにも暑すぎると体温の調節機能がうまく働かなくなってしまいます。
そして、大量の汗をかいた時に水分や塩分ミネラルが大量に体の外に排出されてしまうと体内の塩分量や水分量が乱れてしまい、体調に変化が現れます。
これが熱中症ですが、その症状を大きく分けると3段階に分類されます。

1(軽度)めまいや立ちくらみを起こす、筋肉が痛んだり硬直する、大量の汗が出る。軽度の場合は体温が上がらないこともある。

2(中度)頭痛や気分の不快から吐き気、嘔吐する、体がだるくなってぐったりとし、力が入らなくなる。

3(重度)けいれんや手足のしびれ、運動障害が起こり、高体温になり、意識を失うこともある。

熱中症が疑われたら、まずは体の状態をよく見極めて適切な処置をすることが大切です。
「涼しい場所に移動する」「水分・塩分・ミネラルを補給する」「安静にし、体の状態を見極める」「必要時は医療機関を受診する」これを実行しましょう。
初めのうちは体温があがらないことも多く、気づかず放置しがちですが、
あっという間の重症化してしまう怖い面もあるので、体温だけでなく、
ほかの症状はないかを見極めることが大事なのです。

熱中症が回復するまでに必要な期間

688588284d15d00b839ed35754de2a71_s

一旦、熱中症に罹ってしまうと、完全に体が元の状態に戻るまでは2~3日、1週間、
またはそれ以上と個人差もかなりあります。
これは熱中症に罹った時の元々の体の状態によって個人差があるためです。
普通の健康体の人でも2~3日は回復するまでかかると言われているので、
熱が下がったり、頭痛がなくなったりと症状がなくなっても油断することは禁物です。
一度熱中症に罹ってしまうと、熱中症になりやすくなるという説もあるので、
きちんと体が回復するまでは無理をせずに安静にしておくことが大事です。

熱中症による頭痛の期間

ae15e030ecbfdfb02eb79724848dd516_s

熱中症を発症し、頭痛を起こした場合どのようになるのかみていきましょう。
頭痛を起こすということは熱中症における中度の症状ということになるので、
しっかりとケアをする必要があります。
まず、頭痛を起こすということは熱中症でない場合でも水分不足ということが考えられます。
水分・塩分(ミネラル)をしっかりと補給することが大切です。一度に大量に飲むのではなく、
こまめに何度も何度も補給する方が体の水分量を整えるのに良いとされています。
そして次に、後頭部と首の間の髪の生え際のあたりや耳の下を冷やします。
これは、首筋を通る動脈の中を流れる血液を冷やすためで、
皮膚の表面近くを動脈が通っている場所なので、効果的に冷やすことが出来ます。
頭痛がひどいと市販の鎮痛剤を飲む人もおられると思いますが、熱中症の場合は薬を飲むだけでなく、熱中症対策をきちんとする必要があります。
一旦熱中症の症状が治まって回復しても、その後、数日~1週間ほどの期間は頭痛が起こることがあります。
これは熱中症によって自律神経が乱れてしまったためです。
無理をしないで規則正しい生活を送ることで少しずつ自律神経も整います。

スポンサードリンク

熱中症による嘔吐の期間

熱中症になると、気分が悪くなって嘔吐してしまうこともあります。
これに頭痛を伴うことも多いので、先ほどの頭痛の処置と並行してケアしましょう。
嘔吐してしまうと、更に水分が体から失われてしまうので、早急に水分補給をする必要があります。
といっても、気分が悪いので水分を口から補給するのは困難ですが、少しずつ何度も補うようにしましょう。
イオン飲料や経口補水液が良いですが、ミネラル入り麦茶も効果的とされています。
この際に気を付けるべき点は、脱水症状がどのくらい進んでいるかを見極めることです。
水分を補給しているにも関わらず、呼びかけへの反応が鈍くなる、汗を全くかかなくなる、
目や肌の乾燥がひどくなる、目の下のくぼみや唇が青白くなる、などの症状があったら脱水が進んでいるサインです。
こうなると危険な状態なのですぐに救急車を呼んで医療機関を受診してください。
水分補給や、体を冷やすなどの処置で一旦嘔吐の症状が回復しても、3~4日の期間は体の状態をよく見ておく必要があります。やはり無理はせず安静にしておく方がいいです。
嘔吐の場合は胃や食道が嘔吐の際の胃液で荒れていることもあるので、消化の良い、脂っこくないあっさりとした食べ物を摂ることを心がけましょう。
引き続き、水分・塩分・ミネラルを摂ることも忘れずに。

熱中症による下痢の期間

熱中症に罹ってしまった場合、吐き気や嘔吐の症状はよく知られていますが、下痢を引き起こすこともあります。
この場合は吐き気・嘔吐の症状も併発していることが多いので、先ほどの対処法と合わせてケアしましょう。
なぜ下痢になってしまうのか?それは、熱中症に罹ったために水分補給はしたものの、
塩分やミネラルが充分に補給されない場合です。
塩分とミネラルの体内濃度が低下してしまうと、体がそれを整えようとするために、
体外に水分をたくさん排出しようとするためです。その排出方法が下痢という形で現れるのです。
熱中症による下痢の特徴は、食事をとった後、毎回下痢になってしまうことです。
下痢と、吐き気や嘔吐が重なると、体の水分はあっという間に抜けていくので、
先ほど述べたように脱水症状をしっかりと見極めて手当していく必要があります。
症状が改善するまでの期間も、頭痛や吐き気、嘔吐の場合と同じで、2~3日から1週間程度、
体がきちんと回復し自律神経のバランスが整うまでは無理は禁物です。

夏場は元々、お腹の調子が悪くなりやすい時期と言われていますが、
これは暑いからと言って冷たいものばかりを摂っていると、お腹の冷えから具合が悪くなるからです。
冷たい食事以外にも冷房などで体が冷えた状態が続くことで自律神経は乱れやすくなり、
体温調節機能も低下しがちになり夏バテを引き起こします。
そうなると、胃腸の機能も低下するため下痢を起こしやすくなります。
このような状態が続くいたところに高温時に無理をすると熱中症を引き起こし、
下痢の症状もひどくなるので、普段から気を付けておくことが大切です。

まとめ

熱中症といっても様々な症状が出るという事とともに、すぐには回復しないということも分かりました。
夏場に冷たいものを食べすぎないで、温かいものを取るのが体にいいと、昔の人は良く言いましたが、これはこのような理由からということも分かりました。冷えは万病の元になる、ということですね。
バランスのとれた食事、暑いからと体を冷やしすぎない、しっかりと失われた水分・塩分・ミネラルを補給することを普段から心がけることで、熱中症は防ぐことが出来ます。
地球温暖化やヒートアイランド現象で、ますます気温上昇が懸念される中、
自分の体を守るために出来ることをしっかりと実践していきたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る