バイキングで紹介された認知症を予防するための最新血液検査!手軽にわかる驚きの結果は?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

2015年11月9日のフジテレビの情報番組「バイキング」で紹介された
認知症の危険度を発見するための最新血液検査。

40~50代代表として
大桃美代子さんと野々村真さんが実際に検査を受けておられました。

簡単お手軽にできる認知症予備軍がわかる検査で
結果をしり、是非予防対策をしましょう。

スポンサードリンク

バイキングで紹介された認知症最新検査~APOE遺伝子~

たった10ccの採血で認知症リスクが判明できてしまう驚きの検査!
ということで
御茶ノ水にある「メモリークリニックお茶の水」が紹介されていました。

認知症にもいろんな種類がありますが、
その中でも圧倒的な割合を占めているのがアルツハイマー型の認知症

それを調べることができるのが
APOE遺伝子タイプ
です。

APOE遺伝子は
生まれたときからずっと変わらない遺伝子なので
アルツハイマーになりやすい体質かどうかがわかります。

1~5のタイプがあるが、日本人の80%がタイプ3.
タイプ5の人はアルツハイマーになる可能性が高い!

タイプ3であれば、
食生活の乱れや過度のストレスがなければ75歳くらいまでは認知症になりにくいそうです。

出演者である御二方のタイプは・・・

大桃美代子 タイプ3
野々村真 タイプ3

お二人とも一般的なタイプ3だということが判明。
安心されていました。

検査料は30000円
ちょっと高く感じますね。

物忘れが激しいと心配していた大桃さんでしたが、
元の位置に帰ったら思い出せるのであれば良性の物忘れだと言うことでした。

悪性:エピソード全体を忘れる
良性:部分的に忘れる

二日前にフランス料理を食べたとする
良性:何を食べたか忘れる
悪性:誰と食べたか忘れる

なんだそうですよ。

スポンサードリンク

認知症予備軍の段階で発見できる最新検査~MCI~

認知症は1度なるとほぼ治らないから、この予兆があればかなり進行していることも・・・・

超初期段階を発見できる最新の検査がこの4月からスタートしたそうです。
MRIなどではわからなかった超初期がわかる

MCIスクリーニング

MCIというのは認知症予備軍(軽度認知症)のこと。
予備軍では症状がわかりにくく、本人も周りもわかりにくいため、
発症してしまうケースも多いのです。

1年後12%
4年後50%でアルツハイマーになる!

でも早くわかれば手だてが出来るのです!!!!

たった小さじ2杯の量を採血だけの簡単検査。
費用はこちらも30000円が相場だそうです。

リスクが高い人は予防ができるので、発症せずに済むが
発症したら治らないからこの検査はすごい!

A~Dで判定がでるのですが、Aが良好でDが予備軍。
出演者の御二方は
大桃 A
野々村 A(Aの中でも一番いいところ!)

この結果だと5年間は大丈夫でしょうということが言えるんだとか。
でもその後の生活習慣とかでも変わってきますから、
この5年間できちんと自分の管理をしていくことが大切です。

MCIスクリーニング検査は全国900以上の医療機関で受けられます。

脳血管性の認知症検査

脳血管性の認知症はアルツハイマーに続いて2番目に多い種類の認知症です。
こちらも検査で調べることができるんですよ。

白質病変と言って、
脳の血管が詰まり壊死し、白い影になって写ります。
これを調べるのがこの検査。

野々村さんは、脳梗塞の兆候があると言われていたので要注意、
女性も50代から急激に脳血管のリスクが高くなるということで
お二人とも心配されていましたが、

お二人とも大丈夫でした。

これだけ検査してOKだったら安心ですね~。

予防法として運動と食事が一番重要ポイントになりますが、
その中でも専門医が教える認知症にいい食べ物とは?ということで

脳をかっせかするオメガ3脂肪酸が豊富な

青魚
アマ二油としそ油
が紹介されていました。

特にアマ二油やしそ油は
スプーン1杯で青魚1杯分に相当するとのことで摂らないと損です!!!

加熱すると効果がなくなるので、生のままサラダにかけたり、
冷ややっこにかけて食べてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度かかると治らない認知症なのでとても怖いイメージがありますが、
予備軍の段階であれば
発症させることなく防ぐことができます。

自分がどんな段階なのかを知ることはとても大切ですね。

30000円の検査は高いかな?と思いがちですが、
発症した後の治療費や介護費のことを思ったら安いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る