ノロウィルスで嘔吐した布団の処理は?感染した布団の消毒や洗濯・乾燥機の使い方はコレ!

お布団で寝そべる男の子

木の葉が風に舞い、空気の冷たさ感じると、
同時に気になるのが、冬に猛威をふるう感染症です。

インフルエンザの予防接種の受けなくては!と言う心配もありますが、
予防接種もなく特効薬もないノロウィルスが最も不安ではありませんか?

家族の一人が感染すると、家庭内で二次感染の可能性が高いことも不安ですよね。

ノロウィルスは人にだけ感染し、腸内で増殖します。
回復後も感染した人からは2~3週間ウィルスが排出されます。

ノロウィルスに感染した家族が布団に嘔吐したら、
どう処理し、どの様にすれば消毒出来るのでしょうか?

洗濯の仕方、乾燥機の使い方などを含めた
「効果的な消毒」方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ノロウィルスで嘔吐してしまった布団の処理方法

0f0e39a99b14ecf0f59a2b9834e032a9_s

家族の中でノロウィルスに感染するのは、お子さんからと言う事が多いと思います。
倦怠感や腹痛などの症状から、まずはお布団に寝かせることになりますね。

そこでノロウィルスに感染したお子さんの場合はトイレに行くのも間に合わず、
お布団に嘔吐してしまうことが多く、
ノロウィルスは人間の腸の中で増殖しますから大量のウィルスが飛散し、
しばらくノロウィルスが布団の中に潜伏する事になります。

家庭内での感染をしない様に適切に処理し、消毒しましょう。

①マスク・手袋を着用する 
ノロウィルスは空中に飛散しやすいので、
処理する方はまずマスクとゴム手袋を着用し、
嘔吐した場所や室内にクレベリンスプレーをかけます。
②吐しゃ物を取り除く
捨てて良い雑巾やウェットティッシュ・ペーパータオルなどで
包み込むようにして取り除きます。
取り切れなければ、溜めた水の中で静かにもみ洗いします。
その際しぶきを吸いこまない様に注意して下さい。

※吐しゃ物が付着したままだと、
その後洗濯した際に洗濯機にノロウィルスが回ってしまいます。

③取り除いた吐しゃ物は密閉して廃棄する
ビニール袋に吐しゃ物を拭った雑巾等を入れたら、
それが浸る程度の量の次亜塩酸溶液を入れます。

ノロウィルスに感染した布団の洗濯・消毒は?

消毒

お布団に嘔吐した場合、
お布団の中でノロウィルスが増殖する事はないのですが、
死滅するまでには数か月かかります。

その間もお布団は毎日使わなくてはいけないので、
上記の様に、吐しゃ物を完全に取り除いたら、次に消毒に取り掛かりましょう。

⇒洗濯可能なお布団・色落ちしても大丈夫なお布団の場合
①洗い桶に水5,000mlを入れます。
②次亜塩酸(漂白剤)20㏄を入れます。混ぜて布団を入れ10分浸けておきます。
 下洗い場所を次亜塩素酸ナトリウムで消毒後、洗剤を使って掃除をしましょう。
③消毒液は流し、布団を洗濯機に入れ洗剤を入れ通常の同じ様に洗濯します。
④乾燥機で乾燥させます。又は日光に当てて干します。出来るだけ長い時間日光を浴びせましょう。
※日光の比較的強い10時から15時に干すと効果的です。
⇒お洗濯できない布団の場合
・85度以上の熱を1分当てると消毒出来ますので、スチームアイロンを当てると効果的です。
アイロンは布団に直に当てず、少し持ち上げて離して熱を当てます。
スポンサードリンク

布団乾燥機を使うのは効果的?

0f0e39a99b14ecf0f59a2b9834e032a9_s

その他に考えられる消毒法としては、布団乾燥機で熱を当てる方法です。

これにはあまり効果的でないという見解もあるのですが
50度以上で30分加熱できれば不活化出来ます。

『布団などすぐに洗濯できない場合は、
よく乾燥させ、スチームアイロンや布団乾燥機を使うと効果的です』

ということで厚生労働省のHPにも掲載されていますが、

しっかりと先述した消毒を行ったうえで
布団乾燥機などで加熱すれば
早く布団を使える準備が整いますので効果的ですね。

布団乾燥機をお持ちの方は是非それも活用してください。

消毒した布団はすぐに使える?

8a92cc53b206f988fd5294613f0eb663_s
取りあえずこれまでの手順で処理できれば一安心です。

ただし、
次亜塩酸ナトリウムで消毒した場合、そのままでは有害ですから、
次亜塩酸ナトリウムを十分に洗い流し、しっかり乾燥させましょう。

このように嘔吐した布団の消毒は、
大物なだけに消毒・洗濯・乾燥、又はスチームアイロン掛けなど
大変な労力をともないます。

もしご家族にノロウィルス感染の兆候があったり吐き気がある場合は、
洗面器に嘔吐物が跳ね返らない様に新聞やペーパータオルなどを敷いて
近くに置いたり、シーツの下におねしょシートの様な防水のシートを敷いたり、

掛け布団には布団カバーの内がわにも同様に防水シートを重ねててお布団をガードしておくと、
シーツや布団カバーは汚れますが、お布団の中にノロウィルスが侵入するのを防ぐことが出来ます。

防水シートが無い場合は、ごみ袋を切って開いた状態にして代用すると良いです。

まとめ

91f21decc9e5499b1b461f01fa7bce5d_s
一度感染すると2~3週間、嘔吐物や便からノロウィルスが排泄される為、
家族が二次感染しない為には、
ドアノブやトイレや感染者が使用した食器などの消毒をし続ける必要があり、
家事の仕事量が増え大きな負担となります。

自分自身が感染すると、家庭内が回らなくなってしまいますし、
他の家族に感染すると消毒する期間も更に長くなってしまいますので、
十分な対策をして家庭内二次感染を防ぎましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る