ノロウィルスはお風呂で感染する!?家族でうつらないお風呂場消毒掃除法はコレ!

入浴

この時期になると
赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭では、
色々なウィルスへの感染が心配になってきます。

中でも特効薬がなく非常に感染力の強いノロウィルスが一番厄介ですね。
正確にはいつ頃から流行り始めるのでしょうか?

今年は新型ノロウィルスの流行が心配されています。
新種の『G2.17』と言う型が医療機関で発見され、
誰もかかったことがないため免疫を持っていないので、
一度流行すればパンデミック(爆発的な流行)が発生するのではと恐れられているのです。

私達に出来ることは、家族がかかったら家庭内での二次感染を防ぐ事ですね。
色々な感染予防法が取り上げられていますが、お風呂でも感染するのでしょうか?

感染を防ぐ消毒の仕方やお掃除法などをご紹介致します。

スポンサードリンク

ノロウィルスとは

1968年にアメリカのオハイオ州ノーウォークという町の小学校で
集団発生した急性胃腸炎の患者から、ウィルスが検出され、
発見された土地の名前からノーウォークウィルスと呼ばれていました。

ノロウィルスは、とても小さくて「小型球形ウィルス」と呼称されています。
人にだけ感染して下痢・おう吐・腹痛・発熱などの症状を引き起こします。

【主な症状】

・下痢
・嘔吐
・水のような下痢
・38度以下の発熱

【特徴】

・感染してから症状が出るまで24時間から48時間かかります。
・3日程度で回復しますが、抵抗力の弱い子供やお年寄りは、重い症状になることがあります。
・二枚貝などに多く存在し、十分に加熱されていない食品を口にすることで感染します
・ワクチンや特効薬がありません。

※ノロウィルスは人にだけ感染し、腸の中で増えます。
回復後も1週間から長い時では1カ月程度、
便の中にウィルスが排泄される事があります。

・感染力が非常に強く、家族の一人がかかると他の家族への二次感染の危険性が高いので注意しましょう。

感染のピーク時期
ノロウィルスは1年を通して発生しますが、
11月になると発生し始めて、12月から2月にはピークを迎えます。

ノロウィスルはお風呂でも感染するの?

空気感染や手が触れる場所からの感染、
特にトイレでの二次感染の危険性が高いと言うのはご存知だと思いますが、

ノロウィルスは汚染された浴槽の水からも感染する事があります。
また、タオルを共用することで感染が広がる事があります。

お風呂では
完全にウィルスが洗い流されていない状態で入浴してしまうと
感染が拡大し危険ですので、
いかにしっかりと洗い流すか、感染者・近親者がそれを理解して
気を付けているかで差が付きます。

次にあげる入浴法をしっかりと意識して
2次感染しないよう心がけましょう。

ノロウィルスに家族で感染しないためのお風呂入浴法はある?

ノロウィルスの患者さんと一緒に湯船に入ると感染する可能性がありますから
感染を防ぐためには、以下の事に気を付けましょう。

・まだ下痢などの症状がある方は、
 お風呂に入るなら一番最後に入るか、シャワーを浴びるだけにする。
・ノロウィルスの患者さんは湯船に入る前にしっかりお尻を洗う。
・体を洗うタオルや、体を拭くタオルは同じ物を使わないようにする。

念には念を!ということで、
感染している(していた)人が最後にお風呂に入った後は
しばらくの間消毒をしておくことが大切です。

消毒法は後ほどご紹介いたしますのでしっかりと掃除をしましょう。

赤ちゃんがノロウィルスにかかっている時のお風呂は?

ノロウィルスに感染の症状が出ている赤ちゃんは、
かなり体力が落ちています。

まず無理な入浴は控えましょう。
下痢などの症状でお尻がかぶれると可愛そうなので、
症状が少し落ち着いたら入浴させてあげましょう。

気を付ける点
・パパやママが一緒に湯船につかるのは感染の危険があります。
 ベビーバスを利用しましょう。
・ベビーバスは毎回洗剤で丁寧に洗い、最後に熱湯をかけましょう。
 85度以上のお湯を1分以上かけると効果的です。
スポンサードリンク

ノロウィルスに感染した後お風呂はいつから入浴可能になるの?

下痢・嘔吐などの症状がある方は、できるだけ入浴を控えましょう。

下痢や嘔吐などの症状が治まると入浴は可能になりますが、
回復後もノロウィルスの排泄が続く事がありまし、
また、回復後も3~4週間は感染すると言われています。

しばらくは最後に入浴するかシャワーのみにしましょう。
そして、入浴後は消毒を忘れずに!

ウィルスは非常に小さいのですぐに感染してしまいますので
油断をしないようにしてください。

ノロウィルスを消毒するためのお風呂場掃除方法

お風呂掃除
お風呂も感染の可能性が高い場所です。

しっかりお掃除と消毒をして感染予防に努めましょう。
その方法はこちらです。

・お風呂の水は毎日かえましょう
・下痢の症状がある家族が入った後の浴槽は0.02%の次亜塩酸ナトリウム溶液で消毒しましょう。
・浴槽や洗い場の床や洗面器は、消毒後に洗剤できれいに洗いましょう。
・0.02%次亜塩酸ナトリウム液で腐食しやすい場所は消毒した後に水をかけて洗い流しましょう。
0.02%次亜塩酸ナトリウム液の作り方
★5Lの水
★市販の漂白液(濃度5%)をキャップ1杯(約20ml)
上記2点を混ぜ合わせる。

※汚物に触れたお掃除用具は0.02%の次亜塩酸ナトリウム溶液に浸けて消毒しましょう。

まとめ

ノロウィルスに感染するとつらい症状が続きます。

やはりワクチンも特効薬もないので、
インフルエンザ以上に感染は避けたいウィルスです。

以前は家族のうちの一人がかかると全員にうつってしまうことがありましたが、
近頃は家庭内での感染予防の詳しい情報を得られる様になり、
家族間の感染はかなりの確率で防ぐことが出来るようになってきました。

更にお風呂の感染予防法も実践して、家族と自分の健康を守りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る