花粉症治療で注射の効果は?減感作の免疫療法で根本からの完治が期待できる!?

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s

1年中花粉が飛んでいる現代では
スギのみならず他のアレルゲンによる花粉症で
お悩みの方も多いと思います。

でも薬を飲むだけで良くならない・・・なんて
方もいらっしゃるのではないでしょうか。

花粉症の治療には様々な療法がありますが、
その中でも今回は根本からの完治が期待できる
注射に特化してご紹介したいと思います。

減感作療法その免疫療法の効果はいかに?

スポンサードリンク

花粉症治療で注射による免疫療法とは?

2014年の10月に最新の花粉症治療法であり、根治が期待できる免疫療法、
「舌下減感作療法」としてシダトレンが承認
されました!
舌下減感作療法に関してはこちら

このシダトレンが開発されるまでは、花粉症は自然に治らない
と言われてきており、注射による免疫療法が唯一の根本治療で
アレルギー反応を起こしにくくしてきました。

もちろん今でも注射によるこの免疫療法は有効で
たくさんの花粉症患者さんが助けられているのですが、

その治療法としては
スギ花粉を含んだ注射液を低い濃度から少しずつ注射していき、
徐々に濃度を上げながら投与することで
免疫力を上げていくという療法になります。

内服薬などはアレルギー反応を抑えるという効果に対して
アレルギー反応を起こす物体が体内に入っても
身体が反応しないようにする!
というのがこの治療法
のもっとも優れたところで
「減感作療法」と言われています。

注射による減感作療法!治療方法の具体的ステップは?

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

注射による減感作療法はどの期間、どのように治療していくのか?
その方法をご紹介いたします。

ステップ➀
注射は毎週1回
期間は4~6か月

濃度を徐々に上げ最大濃度に達したところ(約半年後)で
ステップ➀は終了。

ステップ➁
注射は1か月に1回
期間は3年以上継続

これを続けることによって
ある程度のアレルギー反応は起こらない体になり
いわゆる体質改善された形になります。

シダトレンも同様に根治する治療となると
これくらい長期のスパンで治療する必要がありますが、
その分徐々に慣らしていくわけですから
身体にの負担が少なく再発しにくいというわけです。

花粉症治療を注射にすると効果はどのくらい?

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s
アレルギー反応を抑えるだけの対処療法とは違い
根本からの根治を目指す免疫療法ですから期間が長い
ということをお伝えしました。

でもそれだけ長期間治療をするわけですから
効果があってほしいですよね。

実際の効果はどれくらいなのでしょうか?

ズバリ、

80%以上の方が完治を期待できる効果が現れる!

のだそうです。

もちろん何年間もしっかりと治療を続けた結果ですので
途中で止めては効果が無くなってしまいますが、
3年間続けた方の大多数は
アレルギー反応が出なくなるという効果を得ている
んです。

計画的に、根気強くがんばることで
安全でかつ効果も期待できるこの免疫療法。
すぐにでも始めたいですよね!

でも耳鼻咽喉科に行けばすぐにできるのか?というと
そういうわけではなく、
医療機関によっては扱っていない場合もありますので、
事前に確認をする必要があります。

スポンサードリンク

なぜ減感作療法は効果が期待できるの?

花粉症の症状がでるしくみとしては、

空気中に飛散している花粉が
鼻や目などの粘膜の中にある白血球の一種である肥満細胞と結合します。

肥満細胞というのは、アレルギー反応を起こす原因となっている
敵ともいえる細胞
です。

花粉たちが持っている情報を肥満細胞に伝え、
それを肥満細胞がアレルギーを引き起こす化学伝達物質を
細胞の外に放つ
のですが、
この放たれた化学物質が粘膜の炎症を引き起こし
アレルギー症状が現れるということになります。

しかしこの減感作療法を続けることによって
花粉と肥満細胞が結合されるのを阻止する抗体
自分の身体で生産されるようになり、

この抗体の御かげで症状が軽くなるという
効果が現われるのです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

減感作療法【免疫療法)=抗体を作る

という仕組みがお分かりいただけたかと思います。
インフルエンザの予防接種と同じですね。

わざと原因となっている物質を体内に取り入れることで
免疫を付けて根治させるという療法。

シダトレンも同様に長期戦ですが、
しっかりと治すにはこの方法が一番なのではないでしょうか。

一度医療機関と相談して興味のある方は試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る