インフルエンザ予防接種の効果発揮はいつから?持続期間・確率・副作用や重症化について知ろう。

ae0ddb231bb68162d3ce9003850b68e5_s

そろそろインフルエンザの時期が来ますね。

予防接種を考えている方も職場、
学校から受けるように言われた方もいらっしゃると思います。

でも予防接種の効果は漠然と
「予防接種を受ければインフルエンザにかからない」
くらいにしか私は思っていませんでした。

でも自分の体内に入れるワクチンのことは知っておきたいですよね。

そこで、今回はインフルエンザ予防接種の
効果について、発揮するのはいつからなのか?
その持続期間や確率、また副作用や重症化についてなど
予防接種についてをご紹介いたします。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は効果があるのか(確率)

902dd76ed4a8928793b4376d1cdbe5bb_s
インフルエンザ予防接種は効果があるのかないのか効果の確立は…。

これは医師の中でも意見が分かれています。
ないと言われている理由は下で説明しますね。

まずはインフルエンザ予防接種の効果についてです。

インフルエンザ予防接種の効果はどこへ行っても集団生活が多いので
その集団の約80%以上がインフルエンザ予防を受けた場合
受けてない人も含めかかりにくくなる
と言われています。

という事は予防接種を受けた人数が多いほど
感染リスクが減る
という確率になりますよね。

でもインフルエンザ予防を受けたからと言って
その年絶対にインフルエンザにかからないわけでもありません。

その他にもご自身の持っている免疫力との関係もあり

★まだ免疫力が充分備わっていない時期、
★年とともに免疫力が低下する時期、
★ストレスや不規則な生活を送っている時期
などにはインフルエンザ予防接種の効果は弱くなります。

でもインフルエンザ予防を受けた人と受けてない人の違いは
かかっても重症になりにくく症状が軽くなるということです。

インフルエンザ予防はかからないためのものではなく

★かかる確率を減らす、
★かかった時の対策のため
と思って受けた方がいいのでしょうね。

インフルエンザの予防接種の効果が発揮するのはいつから?

a14d7884baa5eeb34b9dba91d2447e1c_s
インフルエンザ予防接種は、
小学生以下は2回
中学生以上は1回の接種になっています。

インフルエンザ予防接種の効果は
接種後10日くらいで抗体が出来始め1ヵ月で効果を発揮します。

中学生以上は体がもっている免疫力の力が大きいので
基本1回となっていますが心配な方は2回目も接種できます。

小学生以下のお子さんは2回接種となっていますので
1回目から2週間~4週間開けて2回目を接種すると抗体が力を発揮します。

どこの自治体も9月~10月にかけてインフルエンザ予防接種の予約が始まります。

自治体によっては12月から1月までインフルエンザ予防接種をしてくれますが
ワクチンが切れたら終わりなので
(追加してくれるところも中にはあるそうです)早めに受けておきましょう。

インフルエンザの予防接種の効果が持続する期間

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s (1)
インフルエンザ予防接種を受けてから効果を発揮するまでの1ヶ月を除き
大体5ヶ月位はは効果が持続すると言われています。

接種後2ヶ月から3か月位が一番効果を発揮するので
インフルエンザのピークが12月から1月とすると
遅くても11月までに受けておけばピーク時に効果がありますね。

小学生以下のお子様は2回受けることを計算しなくてはいけませんので
早めの接種が望ましいです。

各自治体、医療機関に確認を取りワクチンがなくなる前の接種をおすすめします。

★熱がある人、
★アナフィラキシーショックを起こした事のある人
★予防接種を医師からやめるように言われている人
は予防接種を受けることが出来ませんので注意してくださいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の効果による副作用

インフルエンザ予防接種を受けてインフルエンザにかかりにくい、
症状軽減は喜ばしいことですが副作用があると聞くと怖いですよね。

インフルエンザ予防接種後、
軽症副作用の起きる確率は1/100
重症化する副作用が起きる確率はインフルエンザ予防接種者100万人の中で1人弱の確率
で副作用が出ると言われています。

ではどんな副作用があるか見てみましょう。

接種を受けた場所に起こる副作用ですが

★赤くなったり腫れたりします。
★そして、頭痛、吐き気、下痢なども起きます。
★酷い症状になるとアレルギー症状を起こし命にかかわります。
★肝機能にも障害を及ぼし日常生活にも影響します。
注意!
卵アレルギーの人はワクチンの中に卵白の成分が微量入っていますので
アナフィラキシーショックを起こす可能性が普通の人よりあるので
卵アレルギーのある人は皮膚テストを受けたり医師と相談してから受けてください。

軽い副作用は2日か3日で治まります。
心配な方は予防接種を受けた病院に電話してください。

国内で使われているワクチンは安全性があると言われていますが
心配な方も医師と相談してから受けてくださいね。

インフルエンザの予防接種の効果で本当に重症化は防げる?

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s
インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンを接種していますが
生ワクチンと違い抗体はできにくいと言われています。

ポイント!
(受けた人の年齢、免疫力で抗体の付き方が違います)

そんなインフルエンザワクチンを一時期子供は集団接種が義務でしたが
厚生労働省が強制的に打つほどの効果が認められなかったという理由で
現在は義務を廃止しています。

これで重症化は防げるの!?

と、思いますよね。

しかし現在、重症化を防ぐ証明はされていないので防ぐ確率は不明です。

インフルエンザの重症化とは脳症などのことを言い、
脳症自体が少ないのでデータが取れないとのことです。

重症化が防げると言った意見の裏付けは
インフルエンザ予防接種ワクチンが予想のワクチンと一致して
感染者の割合も少なくインフルエンザ予防接種を受けた人が
重症化した割合が少なかったデータの結果をもとに出した答えと言われています。

でも可能性としてのインフルエンザ予防接種後、
重症化を防ぐという意味では下記の理由で重症化を防ぐと言われています。

重症化を防ぐ理由
不活化ワクチンは抗体ができにくいですが
一度できればインフルエンザにかかっても重症化しにくいとのことです。

そして抗体が出来れば突然変異した
インフルエンザウイルスも型が近ければ抗体が力を発揮します。

ただ先述した通り
インフルエンザ予防接種ワクチンの型が予想の型と一致した場合の話となります。

受けるべきか否か、大変悩ましいところではありますが、
予防接種を受ける場合は回数、
1回目~2回目の間隔を守り医師の指示に従ってくださいね。

おわりに

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s
インフルエンザ予防接種には賛成・反対の両意見がありますので
受けるべきなのかどうかをご自身でよく考えることが大切だと思います。

そして受けるにしても受けないにしても
免疫力が鍵となりますので
規則正しい生活を送りバランスのいい食事を心がけ
インフルエンザにかからないようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る