11月の花粉症の原因になる種類は何?セイタカアキノキリンソウやスギについて知ろう!

c2e0b57b880569cb956b9e0515ed70b6_s

花粉症といえば
春先のスギやヒノキの花粉症が有名で、
メディアでも毎日情報が発信されますが
実は花粉症は一年中あることをご存知ですか?

一年を通して様々な植物の花粉が空気中に飛んでいて、
酷い場合には一年中
何かの花粉に反応し続けているという方もおられるほどです。

そんな困った花粉の中で、
11月に起こりやすい花粉症の原因となる種類をご紹介します。

風邪を引いたかと思っていたけど、
何か違う気がするという方は特に必見です!

スポンサードリンク

11月の花粉症は風邪と間違えやすい?

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s
一年を通していろんな花粉が飛んでいるのですが、
11月頃の季節は気温の変動も激しく
また、インフルエンザなどの病気も出始めるシーズンということもあり、
鼻水や咳の出る病気が色々と流行ります。

そんな中で

★鼻水がツーっと流れるように出てしまう
★それに伴って目が痒い
★咳が軽く出ている
★喉にかゆみがあったりする

という場合は、花粉症が疑われます。

特徴としては
★鼻水や痰はサラッとしていて粘り気がない
★目が真っ赤になって痒くなる
★喉もイガイガして痒みがある

ということが挙げられます。

このような症状がある場合は、
花粉症の症状に合った薬を処方してもらう必要があるので
医師にしっかりと伝えましょう。

花粉症で有名なスギは11月にも飛んでいる?

b89d42f1d699ed1ecd811fea00caf540_s
春以外の季節にも花粉症の症状があると、
スギの花粉が飛んでいるのかと思う方の多いと思いますが
実際には11月にもスギの花粉が飛んでいるのでしょうか?

スギの花粉は春にたくさん飛散することが有名ですが、
実は秋に飛ぶこともあることが分かっています。

その花粉は春に飛んだものの残りというのではなく、
春が過ぎて7月から10月頃までの夏の間に
また次のシーズンの花粉を蓄えて成長
します。

本来は、成長したスギの花は寒冷期を迎えてそのまま休眠状態に入ります。
そしてその花が開くのは年が変わって1月以降となるのですが、
気象条件によって秋に開花し、花粉が飛ぶこともあるのです。

その気象条件とは
10月から11月の花が成長した頃に気温が高温になったり低温になったりを
激しく繰り返す時で、それが原因で開花して春と同じように花粉が飛ぶのです。

夏の間の花の成長期に日照時間が長かったり、
気温の高い日が多いと花粉の量も増え
そしてその上に秋口の気温変動が激しいことが重なると
開花して花粉が飛散することになります。

これは、植物が本来の季節とは違う季節に気候条件などが重なって狂い咲きする
というパターンと同じようなことになりますね。

11月の花粉症の原因になる種類とは

f6727417c31b983ba5acab574c11dfad_s
11月にも飛ぶことがあるというスギ花粉でしたが、
それ以外にも11月に飛んでいる花粉があります。

ではスギ以外の11月花粉症の原因となる植物は
いったいどんな種類なのでしょうか?

★2月初旬から飛び始めるのがスギ、
★その後3月頃からゴールデンウィークあたりにかけて飛ぶのがヒノキ
★その後6月頃からはイネ科の植物の花粉が飛び始めた後、
★7~8月頃から飛び始めるのがキク科の植物で代表されるのがブタクサ、
 ヨモギやカナムグラ

などの花粉もあります。

そして、9月から10月頃から飛び始める花粉
セイタカアキノキリンソウという植物があります。

注意!
植物だけでなく、
秋になると蛾やユスリカ、ゴキブリなどの死骸が粉末状になったものを
吸い込んで起こる昆虫のアレルギーもあり、
その他にも空気中に浮遊する真菌によるアレルギーもあります。

通年ではハウスダストもアレルゲンとして有名ですね。

スポンサードリンク

11月の花粉症はセイタカアキノキリンソウ?

秋の花粉症の最後の方、
冬の始まり頃まで飛ぶのがセイタカアキノキリンソウという植物です。

11月の花粉症は、
このセイタカアキノキリンソウがアレルゲンとなることが多い
ようです。

セイタカアキノキリンソウというのは、
別名をセイタカアワダチソウと言います。
この名前ならピンとくる方も多いのではないでしょうか?

セイタカアキノキリンソウとは
秋の終わりごろに、河川敷などに背の高い黄色の花を付けた雑草が
群生している光景を見ることが多いと思いますが、
これがそのセイタカアキノキリンソウです。

元々は北アメリカ原産の帰化した植物で10月から11月にかけて花が咲きます。
今では日本全国どこにでもあり道端や荒れ地などですごい勢いで群生しています。

高さが2~3mととても高くなり、黄色の花が泡立つように咲くことから
セイタカアワダチソウという別名がついています。

日本には切り花用の観葉植物として入ってきたものと言われていますが、
養蜂の蜜源として優秀な植物ということで
養蜂業者が種子を積極的に散布したとも言われていて
それで全国に広まったようです。

この花粉が11月の花粉症のアレルゲンとなっているのです。
11月頃に風邪ではなく花粉症かな?と思われる症状が出ておられる方は
血液検査をすればこのアレルゲンに反応しているかどうかが分かります。

季節的に色んな病気が流行る時期なので、
鼻やのどに炎症があると別の病気を併発することも多いです。

きちんと病院で調べて適切な治療をして症状を抑えることが大切です。

対策はどうすればいい?

マスクとメガネ

花粉症の症状に対する対策は、
春のスギやヒノキと同じような対策で大丈夫です。

まずは耳鼻咽喉科を受診して、
自分のアレルゲンが何かを調べて、症状に対する投薬治療をしましょう。

そしてできるだけアレルゲンである、
セイタカアキノキリンソウの花粉が身体につかないようにし
家の中にも入れないようにすることが大事です。

セイタカアキノキリンソウは荒れ地にたくさん固まって生えていることが多いので
出来るだけそういう場所には近づかないようにすることも大事ですね。

風の強い日は特にたくさん飛散するので注意が必要です。

まとめ

花粉症は春の季節だけというイメージが強いですが、様々な花粉による花粉症が
年中あるということが分かりました。
花粉症の症状を抑えるには投薬以外には、アレルゲンを出来るだけ避け
外出した時には体に付着しないようにすることが大事です。
しっかりと対策をして、出来るだけ症状を抑えたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る