花粉症対策の飲み物はコレ!コーヒーや赤ワインはOKなの?

2da46cee3b26327f2d8dc24b43def893_s

花粉症対策にいい飲み物があるのをご存知でしたか?

花粉症は辛いけど病院へ行く暇がない。
薬局で薬を買うのもどれがいいか悩むし…

そんな時に花粉症対策の飲み物を飲んで
花粉症予防・対策してみませんか?

手軽にできてずっと続けられる花粉症に効果の期待できる
飲み物をご紹介します。

コーヒーなどのカフェインや赤ワインなどのお酒は
飲んでも大丈夫なのか?にもお答えします!

スポンサードリンク

花粉症対策として飲み物を考える

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s
花粉症対策の飲み物は
花粉症対策の食べ物同様数多くあります。

治療目的・即効性というわけにはいきません…が、
花粉症予防、症状緩和(鼻水・くしゃみ・咳・喉のイガイガ)には
効果を発揮
してくれます。

実際、花粉症を発症してしまうと
病院・薬でも症状緩和しか出来ないのが現状です。

花粉症になりやすい時期の1か月前から
注射や薬で予防をして症状を出にくくしたり
緩和させたりするのですが、

花粉対策の飲み物も同じ効果が期待できます。

花粉症対策の飲み物は
一年中簡単に飲むことができるので
今年の花粉の飛来が早い・遅いという事を気にせず予防できます。

水分補給時に花粉症対策の飲み物を覚えておくと
簡単に予防効果が得られます
ね。

花粉症対策➀ヤクルト・カルピスなどの乳酸菌

4c9499665386e60ad31295dbaeed82ea_s
ヤクルトやカルピス・ヨーグルト等に入っている
乳酸菌はご存知だと思いますが菌が生きています。

しかし病気の菌と違い乳酸菌は腸でいい効果を発揮します。

乳酸菌のことを少しお話しますね。

乳酸菌を摂取すると
摂り込んだ全部の乳酸菌がすべて生きたまま腸に届くわけではありません。
生きたまま腸に届いた乳酸菌は腸で活躍します。

腸の中は約100兆もの菌があると言われていますがそれを分類すると

善玉菌(いい菌)
腸内環境を整え免疫力アップ。

悪玉菌(悪い菌)
腸内環境を悪くして体に悪いものを作り免疫力を低下させる。

この2つに分類できますが
善玉菌より悪玉菌の方が多い人が増えているそうです。

ですから善玉菌を増やすお手伝いをする乳酸菌が必要なのです。

ヤクルトやカルピスの乳酸菌は
菌の強化の研究がされているので、
腸まで乳酸菌が生きて届く数が増えています。

善玉菌が増えると免疫効果がアップして
花粉症になりにくい、または発症しても
症状も軽く発症を気づかなくて済む
のです。

花粉症対策➁べにふうき緑茶などのお茶~カテキン~

6314849cd9ee3c597211d0c4c463f276_s

緑茶のポリフェノールの一種
カテキンは粘膜を保護してくれます。

ただ、花粉症の予防・緩和のために飲むのであれば
1日2㍑ほどを毎日続けて飲まなくてはいけません。

その緑茶ですがカフェインが多く体にあまり良くないので
無理に2㍑を意識するのも良くないとのことです。

ですが他の病気も予防効果があるので
少し粉っぽいですが粉末にして飲み、
お茶っぱの佃煮(お茶っぱを醤油・砂糖・みりんで軽く煮込んだもの)で摂る
カフェインの摂取量を少し減らすことができます。

でもやっぱりお茶でという方にはべにふうき茶がおすすめです。

べにふうき茶(紅富貴茶)にはメチル化カテキンが含まれています。

メチル化カテキンはアレルギー緩和効果があり鼻水によく効くと言われています。

苦みが・渋みは強いですがそれがメチル化カテキンなので効果もかなり期待できます。

注意点!
ただ、熱湯で入れなければならないのと
2番茶・3番茶を茶葉が冷めないうちに入れ、
熱いうちに飲まないとメチル化カテキンがなくなってしまうので
気を付けてください。

花粉症対策➂ハーブティー

22c23a7ef3fa3779d13ac81e21204820_s

花粉症にハーブがいいといとよく言われています。

ハーブティーは1か月以上飲み続けないと効果が弱いと言われています。
毎日飲むと花粉症予防が出来て花粉症の症状にあった対策もできます。

ハーブティーと一言で言っても種類が多く効果も色々あります。

予防に飲むならカモミールのハーブティーがおすすめです。

アレルギー緩和効果があるので花粉症予防に効果的です。

ただ秋の花粉ブタクサには悪化することがありますのでご注意ください。

自分が出やすい花粉症がわかれば
その症状にあったハーブティーを選んで飲むといいでしょう。

ハーブティーと症状
ペパーミント      鼻づまり
ネトル・アイブライト  目のかゆみ
エルダーフラワー    咳・えへん虫等の喉のイガイガ
スポンサードリンク

花粉症対策➃ルイボスティー

e1903373065b8bb6783be6b885663025_s
ルイボスティーは
アンチエイジング茶として有名ですが
花粉症にも効果があるのです。

ルイボスティーにはSOD様酵素が入っていて免疫力低下を抑えてくれます。

SOD様酵素は活性酸素を抑え免疫力を上げてくれ、
アレルギーを抑えるケルセチンが入っているので花粉症に効くのですね。

カフェインが入っていないので体にも安心です。

そしてルイボスティーには
ポリフェノールの一種フラボノイドが入っているので
花粉症予防、緩和に期待できます。

入れ方に注意が必要ですが
花粉症やその他に効果があり薬と違い副作用もないので
医師もすすめるほどのお茶なのです。

注意!
*熱湯で入れないと効果が半減してしまう理由は
5分以上煮だししないとフラボノイドが抽出されません。

煮だし時間を増やすとフラボノイドの抽出が多くなり効果もあがります。

花粉症対策として赤ワインなどのお酒はOKなの?

ee1933841d7288b12f180c60d514e600_s
赤ワインにはポリフェノールが含まれていて
花粉症の原因(ヒスタミン)を抑えます。

粘膜が炎症を起こしたときに出る活性酸素を抑え
炎症が酷くなるのを抑えます。

この効果により赤ワインは花粉症にいいと言われています。

で・す・が!

赤ワインにはアルコールという花粉症を悪化させる天敵が入っています。
アルコールは腸の免疫抑制効果を邪魔し免疫低下で花粉症が悪化してしまいます。

そしてアルコールは炎症を起こした時に出る
活性酸素の量が増やすので炎症が酷くなり花粉症が悪化します。

まとめ
赤ワインに入っているポリフェノールで
活性酸素を抑えアルコールで活性酸素を増やしていては意味がないので
花粉症の時期だけでもワインやお酒などのアルコール類は
やめておいた方がいいと思います。

お酒も同様アルコールが入っているので控えた方がいいでしょう。

花粉症対策としてコーヒーなどのカフェインはNGなの?

18bacb706c4963e76e79f6e2c8cde9b9_s

コーヒーに入っているカフェインが
一昔前まで花粉症を悪化させる原因と言われ
コーヒーは花粉症の時は飲んではいけない飲み物とされてきましたが

近年研究が進みカフェインにはアレルギー抑制効果があると言われています。

実はコーヒーが原因ではなく中に入っている砂糖やミルクが原因だったのです。

原因
➀砂糖は免疫力を下げてしまうので
 花粉症にかかわらず体の調子が崩れてしまう。

➁コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)は
 トランス脂肪酸が入っていて免疫力が低下する。

コーヒーなどに入っているカフェインは
花粉症にいいのでブラックで飲んでください。

ですがカフェインも摂りすぎると体に良くないのでほどほどに。

もう一つ、コーヒーをどうしてもブラックで飲めない方は
砂糖やコーヒーフレッシュの量を減らし飲みすぎないようにして、
コーヒーフレッシュを牛乳やクリープに変えて飲むといいでしょう。

ジュース飲料は飲んでもOK?

6561906a2e7fabce1cd8b643d0217401_s
ジュースは先ほどコーヒーでお話しました通り
砂糖が多く含まれていますので花粉症を悪化させてしまいます。

生絞りジュースは
アレルギー(鼻炎)を引き起こす
可能性があるので注意してください。

果物や野菜のジュースは非加熱ではな
く加熱してあるジュースにすると花粉症に効果
が出ます。

甘味ジュース(コーラ等)や
生絞りジュースは花粉症に良くないので控えましょう。

ジュースの砂糖が花粉症を悪化させる原因の一つで、
果物・野菜ジュースは成分が原因です。

ポイント!
成分に関しては一つ一つ覚えるのが大変なので
非加熱はやめておくと覚え、
飲むときは量を控え花粉症の時期が収まるまで我慢ですね。

まとめ

飲み物を見て何か気づくことはありませんか?

そうです、花粉症に良い飲み物は温かい飲み物なのです!!

冷たい飲み物は体を冷やし腸の調子を悪くして
免疫効果を下げてしまいます。

花粉症にいいと言われる飲み物は
温かいうちに飲んで花粉症対策をしっかりしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る