花粉症対策の食べ物はコレ!ヨーグルト・果物・野菜・にがりやガムは有効?

231182042a47b44947e0096ecb6c1c9d_s

花粉症でお悩みの方は
様々な対策されていると思いますが、

食べ物で対策や予防をしている方は
それほど多くないかもしれません。

医食同源ですから非常に重要なのが食べ物。
それで花粉症が緩和されたら助かりますよね。

そこで今回は簡単に始めれる花粉症対策の食べ物
として果物・野菜・乳酸菌やにがり製品などをご紹介したいと思います。
(ガムの有効性についてもご紹介しますね)

スポンサードリンク

花粉症対策として食べ物を考える

花粉症患者の数は年々増加しています。
いまや他人事では済まないのが現状です。

そしてその原因の1つである食事で
花粉症の症状を軽くさせることも悪化させる事もあるのです。

脂質や動物性たんぱく質が増え古来の食事が減ったのが要因
であるとも言われていますね。

脂質のすべてが悪いわけではありませんが
良質の脂質ではなくトランス脂肪酸の含まれる脂質
アレルギー(花粉症を含め)を起こしやすくします。

動物性たんぱく質
摂りすぎるとからだに負担がかかり消化も悪く
アレルギー(花粉症も含め)を起こしやすくしてしまいます。

どちらも免疫力低下が原因
まだ他にも遺伝子組み換え食品や
症状の出ているときに食べてはいけないものなど
色々ありますが花粉症と食事は繋がっているんですね。

その反対にアレルギーを緩和して花粉症の症状を軽くし、
続けて食べていれば花粉症の症状が出なくなると
言われている食べ物もありますのでご紹介いたします!

花粉症対策にガムは効果があるの?

231182042a47b44947e0096ecb6c1c9d_s
ガムですが特別なガムではありません。
普通に売っているミントガムのことなのです。

ガムにはリラックス効果があることはご存知だと思います。
それ以外に租借運動(そしゃくうんどう)には鼻詰まり緩和効果があるのです。

そしてミントガムはハーブのペパーミントが使われています。
ペパーミントにはミントポリフェノールが含まれていて
鼻詰まりや、鼻のムズムズ感、くしゃみなどを抑えて
くれます。

そしてミントガムを噛むと鼻の粘膜に直接作用して呼吸を楽にしてくれます。

ミントガムが花粉症対策に効果があると言われている理由が良く分かりますね。

花粉症対策➀ヨーグルトなどの乳酸菌

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s (1)
花粉症対策定番のヨーグルトですが
花粉症になってから食べるのではなく
花粉症になる前に食べる予防食品だということをご存知でしたか?

ヨーグルトが花粉症予防にいいのは乳酸菌のおかげなのです。

花粉を腸が吸収する事も花粉症の症状が出る原因なので
腸内環境を整える意味でもヨーグルトの乳酸菌は必要なのです。

乳酸菌には整腸作用があり
腸内環境を整え免疫力の活性化のお手伝いをすることにより
体質改善をして花粉症にならなくしてくれます。

花粉症になってからでは全く効果がないわけではありませんが
即効性は期待できないので
毎日の積み重ねが免疫力を上げ花粉症を予防してくれる
のです。

花粉症対策➁バナナやいちごなどの果物類

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
バナナやイチゴが花粉症にいいのはご存知でしたか?

バナナに含まれるビタミンB6が
花粉症のくしゃみに効果がある
と言われています。

イチゴにはGAPDHという酵素があり
アレルギーを抑える効果
があります。

バナナもイチゴも1日の摂取量があり 
バナナ1日に2本、イチゴ15個~20個食べると効果が期待できるそうです。

ただし、
反対に花粉症の人は果物アレルギーを起こしやすいということも
言われていますので食べすぎや違和感があれば食べないようにしましょう。

*ご自身の花粉の原因をご存知ない方は、以下のものには
気を付けてください。

花粉症の時に食べないほうがいいもの
・ メロン・リンゴ・サクランボ
・ バナナ・モモ・パイナップル
・ レモン・イチゴ
・ グレープフルーツ等
スポンサードリンク

花粉症対策➂トマトやレンコンなどの野菜

f23693c52df36feeeab3b2d442dd1b3f_s
トマトやレンコンも花粉症に効果のある食べ物なのです。

トマトにもレンコンにもポリフェノールが含まれています。

まずレンコンにはムチンという糸を引く成分が入っていて粘膜を保護し、
レンコンに含まれるタンニンというポリフェノールの一種は免疫・抗酸化作用があります。
そして食物繊維が豊富で腸の働きを整えてくれます。

花粉症対策に効果がある成分ばかりですね。

トマトには皮にナリンゲニンカルコンという
ポリフェノールの一種が含まれていて
皮ごと食べないと効果はありませんが抗アレルギー作用
があります。

トマトは非加熱の場合アレルギーが出ることもありますので注意してください。

その他にもシソはロズマリン酸という
ポリフェノールの一種が含まれていてアレルギーを緩和してくれます。

その他の花粉症対策野菜
大葉・ショウガ
バジル・ミント
レモンバーム等

花粉症対策➃納豆などのにがり製品

b85c3882b737afbaceec78a168721b8b_s

納豆が花粉症対策に効果があるのは有名ですがにがりはどうなのでしょうか?

まず納豆から!

納豆にはレンコン同様ムチン(ポリフェノールの一種)が入っていて
粘膜を保護してくれ、乳酸菌で腸内環境を整えその他に
セレンやたんぱく質、亜鉛といったアレルギー緩和や粘膜修復作用があります。

にがりはマグネシウムが主成分なのですが、マグネシウムがなぜ
花粉症対策にいいのでしょうか。

マグネシウムが花粉症対策につながる理由
➀マグネシウムは水分を含み液体化します。
➁液状化したマグネシウムは腸で効果を発揮して便秘改善をします。
➂改善されると腸内環境が整えられます。
➃腸内環境が整えられると免疫力が改善します。
➄免疫力が改善されるとアレルギー緩和されるという仕組みになります。

にがりは花粉症の予防、即効性はないものの花粉症緩和の効果があるということです。
ヨーグルトと同様にがりも花粉症予防として毎日摂取するといいでしょう。

まとめ

花粉症対策の食べ物の種類がいっぱいありましたね。
花粉症と食事の繋がりが深いこともわかっていただけたと思います。

予防の食べ物も緩和の食べ物も
毎日の食事に取り入れて花粉症に負けない体を作ってくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る