花粉症でアトピーが悪化?肌荒れや喘息との深い関係と対策!

254722

近年増え続けている花粉症ですが、
花粉症を発症することで
アトピー性皮膚炎が悪化することを知っていますか?

アトピーではなくても肌荒れを起こしやすくなったり、
喘息の発作が起きたりすることもあるのです。

こういったアレルギーを持っている方に、
なぜ次々と症状が出るのか?

その対策も含めてご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症とアトピーの関係

実はアトピーと花粉症はとても関係が深いのです。

どちらもアレルギー性の病気で、
アレルギーを引き起こす原因であるアレルゲンは違っても、
アレルギー物質に対して敏感な体質のために
次々とアレルゲンが増えていってしまう
のです。

アトピーの方が花粉症や喘息の症状も出るというのは、決して珍しい話ではなく、
アレルギーにお悩みの方ならよく聞く話だと思います。

実際に、アトピー患者の約40%の方に花粉症の症状があるというデータもあります。

花粉症、アトピー、喘息とそれぞれ症状に対しても治療は異なるために
症状を改善しようとするといろんな病院を受診しなければならないのは大変ですが、
根気よく一つ一つ対処していくしかありません。

昨今では、アレルギー科といってアレルギー全般を診る科も開業しているので
そちらを受診してみるのもいいですし、

皮膚科や呼吸器科の医師も
アレルギー疾患を全般的に深く勉強されている方もおられるので
良い医師との出会いで通院はかなり楽になると思います。

病院探しも根気よく続けましょう。

花粉症でアトピーの肌荒れが悪化する理由

166453

花粉症の症状が出る時期にアトピーの肌荒れが酷くなることがよく起こります。
これはなぜなのかを見ていきましょう。

一年を通して、空気中には様々な花粉が飛んでいます。

特に春先のスギやヒノキが有名で、この花粉症に悩む方が多く見られます。

最近は秋の花粉症の症状を訴える人も増えていて、
などもアレルゲンとなる方もおられます。

どちらにしても、花粉が最も多く飛ぶ時期に
アトピーによる肌荒れがひどくなるという方が多いです。

これは花粉症の症状がある方は特にひどく
花粉症ではない方でもいつもよりひどくなる傾向があります。

花粉症は鼻水、くしゃみ、鼻づまり、
目のかゆみや充血といった症状がありますが、
アトピーによる肌荒れもこの花粉症の時期には、
鼻の下や目の周りで症状がひどくなることが多いようです。

酷くなる理由
➀花粉症で目が痒くて掻いてしまう
➁鼻水が出るので鼻をかむ回数が多くなり、肌への刺激が強くなる
➂アトピーを引き起こすアレルゲンと、花粉症を起こすアレルゲンの両方が
 肌を刺激するため

これによって症状がひどくなるのです。

アトピー患者が花粉症で喘息を併発するの?

b89d42f1d699ed1ecd811fea00caf540_s
アトピーの患者さんが花粉症もあり、
喘息も併発するというパターンも多く見受けられます。

これは、先ほども書いたようにアレルギー物質に対する抵抗力が低いため
次々とアレルギーを引き起こしてしまう
のです。

喘息の場合は、呼吸器の病気ではありますが鼻とも密接な関係にあります。

喘息の治療を行う際に、
耳鼻科を同時受診することを勧められる場合もあるのですがなぜでしょう?

なぜ関係があるの?
これは鼻の炎症による鼻水が、
喉に流れ込んだためにそれが痰となってしまうためです。

喘息で気管支の炎症のために痰が多く出ているところに、
鼻の炎症の鼻水がさらに痰となって
ゼーゼーという喘息の咳を引き起こし、発作を起こしてしまうのです。

花粉症の時期は、花粉症、喘息、
そしてアトピーといろんな症状に悩まされることとなるのです。

スポンサードリンク

花粉症でアトピーを悪化させない対策はコレ!

5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s

花粉症でアトピーや喘息を悪化させないためには、
まず自分のアレルゲンが何かを知ることから始めましょう。

多くの病院で行われている血液検査ではっきりさせることができます。

➀スギやヒノキ、ブタクサ、イネなどの植物の花粉
➁ハウスダスト
➂食品
➃犬やネコといった動物

など様々なアレルゲンを調べることができます。

アレルゲンが分かれば、できるだけそれを除去するのがベストですね!

昨今のペットブームもあってか、アトピーで喘息もあり、
さらに動物がアレルゲンということが分かっているにもかかわらず、
動物が家にいるというお宅が意外に多いという話もよく耳にしますが、

これから動物を飼うことを考えている方は是非やめておくことをお勧めします。

アレルゲンを除去する他に、アレルギー反応を抑えるための飲み薬と
目や鼻、また咳の症状を抑える薬も合わせて
病院で処方してもらうことが必要です。

効果が期待できる対策!
➀花粉症対策の薬で、
 目の周りや鼻の下のアトピーの悪化も改善することが多い。
➁食事もアレルギー除去食にする
➂アトピーに効果のある食品を積極的に摂る
➃低刺激の石鹸やシャンプーを使って肌を清潔に保つ
 (肌の状態の改善に効果がありますよ!)
➄マスクやメガネで花粉が体内に入るのを防ぐこと
➅肌に花粉ができるだけ触れないようになるべく長袖を着用する
➆外から帰った時に体についた花粉を家の中に持ち込まないように払う
➇洗顔(目も洗う)とうがいを必ずするようにする

と大分軽減されます。

そして最後に、アトピー患者さんなら普段から実行されていると思いますが、
家の中に持ち込まれた花粉やハウスダストを
しっかりと掃除して取り除くこと
も重要です。

寝具も布団用掃除機などを使って花粉やハウスダストを除去しましょう。

まとめ

アトピーで日頃から肌の乾燥やかゆみを感じている上に
花粉症もあると、
アトピーの症状も酷くなったり、喘息になったりしますが

毎日の少しの心掛け一つで改善されていくので、
是非がんばって努力をして欲しいと思います。

少しでも症状が楽になるように、頑張りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る