インフルエンザの予防接種で赤ちゃんへの効果は?回数・間隔・副作用など基礎知識と一緒に学ぼう!

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s

秋めいて朝晩の冷え込む10月になると、
インフルエンザの予防接種が始まりますね。

中でも赤ちゃんは、さまざまなVOD(ワクチンで防げる病気)
から守ってあげなければいけません。

その1つであるインフルエンザワクチンは季節性のものだけに
ワクチン接種のスケジュールに組み込むのは、
大げさではなく結構、至難の業です。

生後6か月から13歳未満のお子さんは2回ずつ受けなくてはいけませんから
受ける回数や間隔のあけ方も気になりますよね。

予防接種を受けてもかかってしまうの?
副作用も心配だし・・・。

そんなママやパパさんへ
インフルエンザの予防接種が赤ちゃんにとって効果があるのか?
一緒に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を赤ちゃんが受けることについて

インフルエンザは、一度かかっても同じシーズンにまた違う型にかかったり、
毎年かかったりすることもありますが、
脳炎や肺炎をおこしやすいため、
予防接種を受ける事で重症化を防ぐことが出来ると聞くと安心ですよね。

だからといって生後間もない赤ちゃんにとっても
同じかと言うとそうではありません。

1歳未満の赤ちゃんは母親からの免疫が期待できるということ
また、厚生労働省によると予防接種によって
免疫をつけることが難しい
ので、赤ちゃんではなく、
その保護者が予防接種を受けることが望ましいのだとか。

生後6か月未満の赤ちゃんは予防接種を受けられませんが、
6か月以上過ぎると受けられます。

欧米では6か月から24か月未満の乳幼児は
インフルエンザの重症化率が高いと報告されていて、
ワクチン接種による予防が望ましいと考えられています。

米国などでは1歳未満の赤ちゃんにも接種を勧めています。

インフルエンザの予防接種って赤ちゃんが受けて効果があるの?

0526b8d1834eb5cf698b1452498ac0c0_s

「インフルエンザの予防接種を受ければ、
100%インフルエンザにかからない。 」と言う物ではありません。
インフルエンザワクチンは、感染を防ぐことはできません。

インフルエンザへの免疫をつけることで予防したり、
かかっても重症化するのを防いだりすることができますが、
予防効果はほかのワクチンと比べるとそれほど高くなく、

子どもの場合は、

A型が30~50%程度で、B型はさらに低くなります。
6歳未満の子は20~30%、
1歳未満ではさらに効果が低く10%未満
になります。

これほど効果が低いのに
他の予防接種とのタイミング・間隔の開け方・副作用の心配をしながら
受けるべきなのでしょうか?疑問に思いますよね。

その反面で、重症化予防の点からは2010年のデータでこういうものがあります。
-65歳以上の高齢者では-

インフルエンザ脳症の罹患者220人中、約87%(191人)はワクチン接種なし。
インフルエンザ脳症の罹患者220人中、2回ワクチン接種を受けていた人は0人。
『重症化予防に一定の効果あり』と結論付けられているようですね。

ただ1歳~6歳の乳幼児に関しては
ワクチンの有効率が20~30%と低かったようです。

私は大人になってから妊娠するまで
インフルエンザの予防接種を受けた事がありませんでした。
妊婦さんは予防接種を受けられますが、
私は赤ちゃんに悪影響があるのではないかと不安で受けませんでした。

下の子が妊娠5か月の時にどうしても出かけなければいけなくて人混みに出た際、
インフルエンザを発症し高熱と体中の節々の痛みで辛かったです。
内科の先生の「胎児への影響を考えてタミフルは処方しない」と言う判断で自然治癒を待ったのですが
その間家事も出来ず上の子は実家に預けっぱなし・・・。

もうインフルエンザは懲り懲りなので、
それ以降は手洗い・うがい・室内の加湿・予防接種と徹底するようにしました。

赤ちゃんが受ける予防接種の回数と間隔

6d5cfa52

まず、インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンで
13歳未満のお子さんは一度の接種では十分な免疫を獲得できない可能性があるため、
2回受ける事が推奨されています。

接種してから抗体ができるまで2~3週間かかりますから、
インフルエンザが流行る前に受ける必要があります。

・インフルエンザワクチンの接種回数と間隔
生後6か月から13歳未満・・・    2回(2~4週間の間隔)
13歳以上       ・・・    1回~2回(1~4週間の間隔)
・インフルエンザワクチンの接種量
生後6か月から3歳未満 ・・・    0.25mlを2回
3歳から        ・・・    0.5mlを2回
・接種時期

毎年インフルエンザは12月頃から流行して1月~2月にピークを迎えますね。
接種する回数と間隔を考えると、
10月中旬から11月上旬には1回目の予防接種を受けた方が良さそうです。

ポイント!

生後6か月~1歳頃の赤ちゃんは他の予防接種も多いので、
流行の状況をみながら優先順位をかかりつけ医と相談しながら決めると良いでしょう。

我が家の子ども達が通っていた学校や幼稚園では、
2月から3月にインフルエンザが流行って学級閉鎖になることが多かったので、
かかりつけ医には「もっと早く来て下さい」と言われながら、
11月から12月に1回目を受けています。

受験の予定がある年は2月に免疫がなくならない様に
逆算して接種のスケジュールを決めました。

※免疫の持続期間は約5カ月とされています。

スポンサードリンク

                       

インフルエンザの予防接種による副作用

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s
ワクチンは免疫をつけるために接種します。
この免疫の獲得は、わたしたちがもともと持っている免疫反応を利用するのですが、
免疫がつく以外の反応が見られることもあり、これを副反応(=副作用)といいます。

比較的頻度が高い副反応

⇒接種した部位(局所)の発赤(赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)

全身性の反応

⇒発熱、頭痛、悪寒(寒気)、倦怠感(だるさ)。
ワクチンに対するアレルギー反応(発疹、じんましん、
発赤(赤み)、掻痒感(かゆみ))が見られることもあります。

非常に重い副反応

⇒ギランバレー症候群(GBS)、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、
けいれん、肝機能障害、喘息発作、紫斑

接種した部分の発赤(赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)は、
接種を受けた方の10~20%に起こりますが、通常2~3日で消失します。

全身性の反応は、接種を受けた方の5~10%に見られ、こちらも通常2~3日で消失します。
その他に、非常に重い副反応がまれにあります。
ただし、重い副反応の原因がワクチン接種であるかどうかは、
必ずしも明らかではありません。

・2015~2016のインフルエンザワクチン

先シーズンの3価ワクチン(A型2種・B型1種)でしたが、
B型1種増えて、4価ワクチン(A型2種・B型2種)になるようです。
新型インフルのH1N1も組み込まれています。
                              

まとめ

インフルエンザ予防接種のリスクとベネフィットをまとめてみました。

予防効果が20~30%でもインフルエンザのリスクを減らすために接種するのか、
副作用のリスクを回避するため接種しないのか、
お悩みのママ・パパの一助となりましたら幸いです。

一番はママやパパやご兄弟が、手洗い・うがいなどの予防策を励行し、
予防接種を受けてインフルエンザウイルスを赤ちゃんに近づけない事だと思います。

赤ちゃんを保育園に預けていて集団の中にいる時間が長い場合は、
かかりつけ医に相談し、
最終的にはご家族が何歳から受けさせるか判断して下さいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る