台風でめまいに!吐き気や眠気も伴う辛い症状を対策・予防する方法

56cb54bd9d92f8ea52d154e006653900_s

本格的な台風シーズンになってきました。
近年は地球温暖化の影響もあり、巨大台風が発生する確率も上がっています。

台風は雨や風で災害が起こるのは一般的にも知られていますが、
台風が近づくことで体調を崩してしまう方もおられます。

様々な体調の変化が起こりますがその中でも、
台風の接近によってめまいを起こしてしまう方に
そのつらい症状の対策、そして予防する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

台風でめまいになるメカニズム

まずは台風が接近することでなぜめまいを起こしてしまうのか?
そのメカニズムをご紹介します。

台風が接近することで大きく変化することの一つに、気圧の変化があります。
台風は大きな低気圧なので気圧が極端に低下します。

日常生活の中で、例えば飛行機に乗ったり、エレベーターに乗ったりすると
耳がツーンとなった経験
はありませんか?

それは鼓膜の内側と外側の圧力に差が生まれたことによって起こります。
高度が上がると急激に気圧の変化が起こってツーンとなるというわけです。

では台風の場合は、大きな低気圧ということで気圧がグンと下がってしまいます。

人間の耳の中の内耳には、気圧の変化に適応するための器官(三半規管)があって、
外気との圧力差を調節するはたらきがあるのですが、
その器官が敏感に働いてしまうためにめまいを起こすのです。

台風となると、ある程度の長時間の間、気圧が極端に下がっているので、
症状も長く続いたりすることもあるようですし、
自律神経もめまいと深くかかわっています。

交感神経と副交感神経から成り立っている自律神経は、体の機能をコントロールする神経です。

交感神経は活動している時や緊張している時、ストレスを感じるときにも働きます。
副交感神経はそれに反して、休息している時、
睡眠中、リラックスしている時に働きます。

自律神経は気圧の変動にも左右されるので、
気圧が高いと交感神経が優位に働きやすく、
気圧が下がると副交感神経が優位に働きます。

台風や爆弾低気圧などが接近して極端に気圧が低い状態が急激に起こると、
副交感神経が極端に優位に働きバランスを崩し
これが原因でめまいを起こすこともあります。

吐き気や眠気の症状も併発するのはなぜ?

気圧が下がることで耳にある三半規管が
敏感に反応してしまうために起こるめまいは
吐き気を伴うことも多いです。

また、頭痛や眠気を起こすパターンも多く
これは気圧が下がることによって
空気中の酸素濃度が下がって薄くなってしまうためです。

酸素欠乏によって頭痛や眠気が引き起こされてしまうのです。
眠い時に大きなあくびが出るのも、
酸素を取り込もうとする自然な体の反応ということをみても
酸素不足で眠くなったり、
頭痛がするということが起こることを理解できると思います。

台風でめまいになった時の対策

b850b76b720010a7bca457a714d3b884_s

一度めまいを起こしてしまうと、元に戻るまでに時間が掛かります。

出来るだけ無理をしないで静かに体を横にして、
吐き気など伴うと食事も辛くなるので
食事も無理をしないで水分と塩分を摂ることを中心にして、
胃も休めます。

トイレに行くときなど急に立ち上がったりすると、
体の血液が一気に下半身に流れて
余計に具合が悪くなることもあるので、
ゆっくりゆっくりと行動するように心がけましょう。

頭痛を伴う場合は酸素が不足していることも考えられるので、
大きくゆっくりと深呼吸を繰り返すことも有効です。

あと、テレビやパソコン、スマートフォンなどから発する光の刺激や音の刺激も
めまいをひどくしてしまうので控えましょう。

部屋も暗くしてゆっくり体を休め、静かに呼吸を整えるのがベストです。

めまいで普段から医療機関を受診されている方は、
めまいを起こした時の頓服があるので
こちらを早めに服用するのもいいですね。

まだ医療機関を受診したことがないという方は、
これを機に一度きちんと診てもらうことをお勧めします。

めまいを起こす病気はたくさんあり、検査しないと診断がつきません。
重篤な病気が隠されている場合もあるので早めに受診しましょう。

スポンサードリンク

台風でめまいにならない予防法

めまいを起こしやすい人の傾向として、
自律神経のバランスを崩している方も多いようです。

普段から規則正しい生活を送って、バランスの良い食事を摂り、
軽い運動も心がけ、身体をしっかりと動かし活動し、
しっかりと休めることを意識することが大切です。

呼吸も普段から少し意識して腹式呼吸をするように心がけるのも、
いざという時のために役立ちます。

腹式呼吸はしっかりと吐ききることを意識すれば自然にできるようになります。

初めは難しいかもしれませんが、身体を横にしてお腹に手を当て、
まずしっかり吐き切ってから、次にお腹の力を緩めましょう。

緩めるときに空気が自然と取り込まれます。
これをゆっくり繰り返すことが腹式呼吸です。

交感神経と副交感神経が正常に働くようになれば、
めまいの頻度も減るかもしれません。

また、先ほども述べたようにめまいには重篤な病気が隠れていることもあるので
医療機関で検査することを強くお勧めします。

まとめ

台風シーズンが来ると、めまいや吐き気、頭痛、また喘息発作など
不調が起こる方もめずらしくなく、憂鬱になりますが

少しでも改善するように対策をして予防に努めることで
少しでも楽に過ごせるようになります。

医療機関を受診して投薬治療することもその一つです。

自分の体をきちんと管理することは大切なことなので、
これを機に改善していけるといいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る