熱中症対策最新グッズ!屋外現場で大注目の作業着はコレ!

b4d5800eab5a7b35ac0f3ff3784590c0_s

連日の猛暑で熱中症の危険が高まる中、

工事や建設現場で作業している方、畑仕事をしている方など
屋外でお仕事をなさる方々の熱中症が心配されていますね。

そこで、
今大注目されている最新の熱中症対策グッズを
ご紹介します。

この作業着があれば快適にお仕事ができそう!という
アイテム。

企業での採用も決まり人気が爆発しているようです!

スポンサードリンク

屋外の建設・工事現場などで着用する作業着の現状

毎日屋外で仕事をしている建設現場や故事現場で働く方々は
作業着そのものでも頭を悩ませています。

通気性がいいから綿100%がいいけれども、
化学繊維のポリエステルは軽くてすぐ乾くし、おまけに安いから捨てがたい。。

などなど、生地の素材選びが難しいんですよね。

綿メリット             デメリット
・通気性がいいので蒸れにくい      ・色褪せが早い
・着心地がいい             ・高い
・安全(溶接作業などで)        ・すぐしわになる
・丈夫(穴など開きにくい)       ・汗かくと服が肌に張り付く
ポリエステルメリット        デメリット
・軽い                 ・通気性が悪いので蒸れ易い
・すぐ乾く               ・すぐ穴が開く
・安い                 ・安全性に少し欠ける
・しわになりにくい

綿の作業着は通気性が良く気持ちが言いけれども、
高温多湿の日本の真夏では汗をしっかり吸い取る分、体に張り付いちゃって
逆に気持ちが悪くなってしまいます。

こまめに着替えられるのであれば綿はおススメですが、
そう簡単に作業を中断することはできませんから、
着替えをしなくてもよい、ポリエステルと綿の混合タイプが
夏場はいいかもしれません。

また張り付き対策としては、こまめにタオルで汗をふき、
少し余裕があるサイズを選択することで通気性は変わってきます。

しかし、溶接作業をする方々は、
火の粉が飛んできて大変ですよね。
ポリエステルだとすぐに穴が開いてしまい
火傷などの心配があります。
安全のためには綿100%がおススメです。

現場で活躍する熱中症対策最新グッズとは?

建設・工事作業現場での熱中症対策として
冷却マフラーや保冷ベストなどが注目されていましたが、

さらに今大注目され話題になっているものが登場しました!

ずばり

「服の中に小型扇風機がついている作業着」

です!

服の中にファンが付いていることで
空気を送り込むことができ、冷水を循環させたりできる
機能がついていたりすることから注目が集まっています。

スポンサードリンク

汗をダラダラとかくこともなく、作業効率が上がるということから、
現場の方々からのニーズがかなり高まり
今ではオフィス向け、普段使い用などいろんなタイプが登場しているようです。

大手ゼネコンである大林組では、
このような扇風機付の作業着を自社の制服として採用し
安く購入できるように仕組化を図っていて、
熱中症対策のみならず、暑さによって集中力が低下してしまう
ことの予防にもなると効果を期待されているんだとか。

空調服で販売されている
腰の部分に左右両方に小型の扇風機をつけた作業着は、
昨年だけで25万着が出荷されているほど売れています!

電気代もとても経済的で
1日10時間の着用で1か月20円程度。

これなら気にせずガンガン毎日着られますね。

デスクワーク向けのタイプは
ワイシャツタイプ
スポーツブルゾンタイプ
があるそうですが、ブルゾンタイプは
すでに売り切れ中。

猛暑が続いている影響で
かなりの売り上げを記録しているようです。

海外にも拠点を置いて本格的に販売していこうと
しているようで、好調ぶりが伺えますね。

それだけ経済的で作業効果もアップし、
さらに熱中症の心配も軽減されるとあれば
飛ぶように売れるのもよくわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

35度を平気で超えてしまうようになった日本の夏。
この異常気象の中で熱中症の危険から逃れるためには
いろんな対策が必要になってきますね。

その中でも特に工事・建設現場で働く方々は過酷。
少しでも暑さを和らげながら作業ができるこちらの最新グッズは
とてもおススメです。

是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る