溶連菌は大人もうつる!辛い症状と薬治療がとても重要な理由とは?

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_s

子供の間で流行しがちな溶連菌ですが
実は大人の間でも普通にうつる病気なんです。

風邪の症状と似ていることから自然治癒で治るだろう、
問題ないだろうと薬を飲まず放っておいたり、
適切な治療を受けなければ大変なことになる病気ですので
注意が必要です。

症状が出始めるととても辛いですし
仕事にも行けませんので、

そうならないためにもしっかりと病気に対して理解を深めて
予防をしていきましょう。

スポンサードリンク

大人にもうつる溶連菌とは

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、
α溶血とβ溶血の2種類のうち、人が病原性を保持しているのはβ溶血のA群、B群、C群、G群などです。

そのうち90%以上の溶連菌感染症はA群が原因となっていることから、

A群β溶血性連鎖球菌=溶連菌感染症

ということで知られています。

こどもの間で流行することから子供の病気と思われがちですが、
大人にもうつる病気で、

☆免疫力が低下している人
☆妊娠している人
☆小さな子供がいる人

は感染しやすいと言われています。

感染経路としては
溶連菌感染者が咳やくしゃみなどをしてうつる飛沫感染
手などに付いてしまった菌が口に入る経口感染
皮膚からの接触感染になりますので、

やはり予防をしっかりしておくことが大切です。

溶連菌の症状と~風邪との違いは?~

a3f704d4675db99fb2c58d35f37087bb_s

代表的な溶連菌の症状としては

☆38度以上の発熱
☆のどの痛み
☆手足にしいさくて紅い発疹
☆イチゴ舌(いちごのようなツブツブが舌にできる)
☆頭痛・腹痛
☆リンパ節(首筋)の腫れ
☆手足の皮がむける

などがあります。

最初は発疹が出てのどが痛くなりすぐに発熱が出ます。
そして手足などに紅い発疹が出たり、舌にイチゴのような白いぶつぶつした
ものが現れたりもします。

急性期が過ぎたら発疹後に皮がむけることがありますので、
それがまた痒くて辛いと言われています。

風邪との大きな違い
一般的には咳は鼻水がほとんどないことが挙げられます。

注意!
溶連菌感染症単体で見ると咳や鼻水は出ないかもしれないのですが、
風邪も引いていることもありますので、
その際は併発して咳や鼻水がでたりします。
ちなみに私は先に風邪を引き、免疫が落ちているところに溶連菌に感染したので
咳・鼻水が初期症状としてありました。
その後、のどの痛み・発熱へと移行していきましたのでご参考までに。

潜伏期間としては2日~5日で感染してからそれくらい経ったころに
症状が現れ始めます。

スポンサードリンク

溶連菌に感染したらなぜ薬治療が必要なの?

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

診察の際にのどの赤みが見られた場合、
先生の判断で溶連菌感染症の検査をしてくれます。

余談!
*私はのどの痛みを訴えましたが、「あまり赤くない」と
ただの風邪だと言われました。翌日に再度違う病院へ行ったら
「念のため溶連菌の検査をしておきましょう」と検査をしてくださったことで
溶連菌だと判明。
何事も検査をしないで所見だけで判断するのは危険ですね。

もし先生が検査をしてくれなかったら
自分から先生にお願いするといいと思います。

検査自体は簡単で、のどに綿棒のようのものでこするだけ。
10分ほどで結果はでます。

溶連菌感染症なのかそうでないのかで薬は服用期間が全然変わってきますので
しっかりと原因を追究することが大切ですね。

もし溶連菌だった場合は、必ず抗生物質(ペニシリン系)を10日間服用します。
(昔は14日間だったそうですが、最近は10日に減ったそうです)

また高熱で脱水症状にならないように
水分補給をこまめにしてください。(OS-1がおススメ!)

ではなぜしっかりと薬で治療をしなくてはいけないのでしょうか?

溶連菌に感染した場合、怖いのは合併症になります。
溶連菌感染後の

  • 急性糸球体腎炎
  • 一過性の血尿
  • リウマチ熱
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 頸部リンパ節炎
などの合併症にかかることがあることから注意が必要なのです。

特に腎炎の発症事例が多いことから、溶連菌発症後1~2週間後に
検尿を行うこと
が良いとされています。

熱は抗生物質を服用してから1~2日で下がりますが、
何度も再発することがありますのでしっかり治すことが重要です。

重要!
熱が下がってのどの痛みもなくなると、「自分は治った!」と思い、
薬の服用を止めてしまう方が多くおられますが、そうしてしまうとしっかりと菌を殺せず
再発する可能性が高まりますので、処方された分はしっかりと飲み切りましょう。

溶連菌の別のケースで死に至ることも・・・

のどや傷口からもしも同じA群溶血性レンサ球菌が血液中に入ってしまったら・・・・
これが一番怖いんです!

このケースを劇症化と言いますが、
劇症化した場合は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」といい、

初期症状としては

☆手足の痛み
☆手足の腫れ
☆発熱

が現れ、気づいたときには既に遅くて
手足が壊死
多臓器不全

などが進んでしまって手遅れになるというケースもあります。

これが発病するとおよそ30%の方が亡くなってしまうという恐ろしい病気で
発病してから数十時間でショック状態になってしまうことから、別名
「人食いバクテリア」
と呼ばれています。

手足に傷などがあって、そこが化膿することで発熱があった場合
少しおかしいな?と感じたら即大きな病院へ受診してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じ症状が出ても原因が違うと対処が変わってくるので
自己判断は本当に怖いですよね。

適切な治療をすることが最も重要ですので、
ただの風邪かな?と思っても病院へ行って診断してもらいましょう。

仕事をしていると中々お休みすることは難しいですが、
ただの風邪でもこじらせてしまったら
肺炎にまで発展してしまう恐れもありますから、
無理をしないで早めにお休みをする努力も必要です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る