プール熱の症状は?子供が感染した経路や期間・予防策はコレ!

lgf01a201309111700

暑い日差しが刺さる毎日ですね。

子どもたちは、幼稚園、保育園、学校などでは
もうすでにプールや水遊びが始まっています。
炎天下の中でも、冷たい水に触るだけでとても気持ちがいいですよね。

今回は、主にプールで感染することも多くみられる
「プール熱」について、症状、感染経路、感染期間、予防策をご紹介いたします。

スポンサードリンク

プール熱とは

プール熱、別名「咽頭結膜熱」は三大夏風邪の一つ。
急性のウィルス感染症で、
プールで感染することも多いことから「プール熱」とも呼ばれています。

原因はアデノウィルス。
アデノウィルスは、インフルエンザウィルスの次に、
ヒトの体から検出される確率の高いウィルスになります。

アデノウィルスに感染すると、軽い風邪症状のようなものから始まり、
重症化して扁桃腺炎や肺炎、結膜炎、嘔吐、下痢症になることも…。

飛沫感染、手指を介した接触感染、
タオルなどを共有した感染
があります。

夏だけではなく、冬にも少し流行するようになりました。

プール熱の症状

1

プール熱の症状はどのようなことを表すのでしょうか。

☆発熱
☆咽頭炎
☆結膜炎

急な発熱が起こります。
39~40℃の高熱。さらにのどの痛み(咽頭炎)があり、
目の痛みやかゆみ(結膜炎)がでます。
目やにが出て、まぶしくなったり、涙が止まらなくなったりします。

プール熱は合併症も起こりうるので気を付けなければなりません。
では、どんな合併症が起こるのか、見ていきましょう。

半数がかかると言われている、中耳炎
中耳に炎症が起こり、耳痛や耳だれ、発熱が起こります。

そして、
胃腸炎
急性下痢症
出血性膀胱炎
(頻尿、排尿困難、血尿が1~2週間続くこともあります。)

余談 ですが、私も以前、急性膀胱炎になったことがあります。
仕事上なかなかお手洗いに行くことができなかったのと、
疲労で体力低下していたために血尿が出て、
出ないのにお手洗いにこもりっぱなしでした。
そして、痛い…。

膀胱炎になった場合は、とにかく水分を摂ることが一番だそうです。
プール熱にかかり、膀胱炎になったなんて想像するとゾっとします。

では、プール熱に感染してしまうときはどのような経路で、
どのくらいの期間かかるのかみていきましょう。

プール熱に子供が感染した場合の経路や期間

水遊びやプールが始まった今、油断はできません。
プール熱に子どもが感染してしまったら…

多くは鼻水やしぶきの飛沫感染となります。
プール以外では、便を介しての感染もありますので、
トイレのあとの手洗い、オムツ替えの後の手洗いをしっかりしましょう。

発熱は39~40℃はとても高熱ですよね。
この高熱が3~7日と長く続きます。
熱が下がりにくいのが、特徴です。

潜伏期間は5~7日
症状がなくなり、元気になったとしても、
便にも菌は潜んでいるので、2週間くらいは油断禁物です。

学校保健法では、
主要症状が終わった後2日間は様子を見ることが義務付けられていますので、
最低1週間は安静にし、様子を見ましょう。

スポンサードリンク

プール熱の予防策

では、プール熱に感染しないようにするには、
どのような方法で予防していけばいいのでしょうか。

プール熱の原因、アデノウィルスは菌が殻につつまれていないために、
せっけんと流水での手洗いが一番有効的になります。

プールのあとは必ず、

☆せっけんと流水での手洗い
☆目も洗いましょう。
☆しっかりとうがいもしましょう。

そういえば、幼少期(小学生くらいかな)にプールに入る前、
入った後にシャワーの門を通り、
終わった後には上向きの蛇口で目を洗った記憶があります。

当時は言われた通りにしていただけなので、
何も疑問を持たずに行っていましたが、病気予防のためだったのですね。

プール以外での感染は、くしゃみや咳などでの飛沫感染となりますので、
マスクやメガネの着用が一番効果的です…が、
暑い夏に予防のためだけにマスクなんてしてられません。

ましてや、小さな子どもがマスクをしてくれるはずがありません。
どんな病気でも、必ず「手洗い・うがい」をすること。

流水のみではなく、せっけんも使用して手洗いをするとより効果的です。
なかなか「手洗い・うがい」をしてくれない場合は、
絵本やお話でバイキンが手や口の中に入ってくることを伝えると
進んで「手洗い・うがい」をしてくれるかもしれません。

私の息子は、手洗い後に流水で流す度に
「バイキンばいばーい!気を付けてね~」と手を振っています。
手洗いを遊びの一つにしちゃうと楽しくやってくれますよ!

まとめ

暑い夏には水遊びやプールが一番気持ちいいですよね!

アデノウィルスは、大人も感染します。
特に、ストレスを抱えてる、体力がないとき、
疲労が蓄積されているときなど気を付けてください。
免疫がない大人は感染します。

症状としては、高熱が出ることは少ないと言われていますが、
のどの痛み、腫れ、そしてまれに結膜炎の症状が出てくるそうです。

そして、妊婦が感染した場合は、胎児に影響はないとは言われていますが、
妊娠中って思うように体が動きません。体力も低下していますよね。

感染してしまった場合は、しっかりと休養をとってください。
暑い夏、気持ちいいプールや水遊びも、元気で遊べるように、予防からしっかりしていきたいですね。

スポンサードリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る