熱中症になったらどうしたらいいの?症状や対処・予防法をご紹介!

72b9cfae165f3b17386e596a8ccc395d_s

毎年気温が上がって暑くなりだすとテレビで必ず取り上げられる熱中症。
最近では天気予報でも注意を促しています。

その熱中症とはどんな症状のことをいうのでしょうか?
また熱中症になったらどんな対処をすればいいのでしょうか?

何となく知ってはいるけれど、ちゃんと知らないと、
あなたが、あなたの身の回りの人が重症化してしまうかもしれません。

そうならないためにも知識を身につけて熱中症を予防しましょう。

スポンサードリンク

熱中症の症状とは?

熱中症を引き起こす気象条件は、 気温が高く日差しがきつくて、風が弱い時 です。
そのような中で激しい運動をしたりすることで、体の中にたくさん熱がたまっていき、
水分や塩分が失われ、体の中の熱を外へ放出する機能が低下
することで引き起こします。

特にこの体温調節機能がうまくいかない乳幼児や高齢者は熱中症になりやすいと言われています。
乳幼児や高齢者だけでなく、体力がある成人でも、疲れがたまっていたり寝不足だったり、
病気をしていたり、体力が低下しているときは起こりやすい状態になるので注意が必要です。

では、熱中症になると、どんな症状があらわれるのでしょうか?

初期段階
  • めまいや立ちくらみ
  • 筋肉の痛みや筋肉の硬直が起こる
  • 大量の汗が出る

その後

  • 頭痛がする
  • 気分が悪くなって吐き気、嘔吐
  • 体がだるくなって力が入らなくなる
などの症状がでてきます。

更に悪化すると、体を触ると熱く感じるほどの高温になり、意識障害が起こって、
手足が痙攣したり思うように動かせなくなったり、呼びかけたり刺激を与えても反応がなかったり、
意識はあってもまっすぐ歩けなかったり走れなかったりするようになります。

気をつけなければならないのが、 軽症のうちは体温が上がらないこともあり、
気づかないうちに重症化してしまう事がある
 
ということですね。

体の状態をよく観察して当てはまる症状があれば、
涼しい風通しの良い場所で早めに休むことが大切ですので是非心に留めておいてください。

熱中症になったらどうすればいい?応急処置の仕方は?

では、熱中症になってしまったらどのように対処すればいいか?
まずはあわてず体の状態を見極めましょう。

本人の意識がはっきりしていなかったり、自分の力で水分や塩分が取れない時や
時間が経過しても症状がよくならない時は
すぐに医療機関を受診することも忘れてはいけません。

それでは具体的な応急処置の方法をご案内いたします。

応急処置のポイント!
  • まず風通しの良い場所や、冷房の効いた室内などへ移動させる
  • 衣服を緩めて風通しを良くする
  • 水分や塩分をしっかりと補給する
  • 筋肉が痛くなったり、けいれんしたりするなら、生理食塩水(0.9%の食塩水)を摂取、通常はこれで回復!
  • めまいや倦怠感、むかつきや嘔吐、頭痛のある時には、イオン飲料や経口補水液を補給!
  • 足を高くして手や足を先の方から心臓部に向かってマッサージするのもとても有効
  • 体に水をかけたり、冷たい濡れタオルを当てて体を冷やす。
重要! 濡れタオルは首筋、腋の下、足の付け根に当てましょう。
  ここは皮膚に比較的近い場所に大きい動脈があるからです。
  血液を冷やすことで体の熱を取ることが出来ます。

意識がはっきりせず、呼びかけに答えられなかったり
刺激への反応が鈍かったりなどの症状があるときは、医療機関を受診する必要があります。

すぐに救急車を呼び、先ほど述べたような応急処置を出来るだけしましょう。

スポンサードリンク

熱中症を予防する効果的な対策はコレ!

cadd43461c901567cc4b2871a119a08a_s
では次に、熱中症にならないためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

人間(成人)は一日に2.5ℓの水分を体の外に排出します。暑い時期には汗がたくさん出るので
その分も意識して水分を補給することが必要です。

汗には塩分も多く含まれます。
例えば暑い時に黒いTシャツなどを着て汗をかくと白いシミが出ますよね。
これは体から出た塩分で、水だけを補給していると塩分が足りなくなります。

しかも大汗をかいたからといって一気に水分だけを補給すると一気に血液中の塩分濃度が下がり
水が飲めなくなる状態になると言われています。

これは、塩分濃度を下げないための体の防御反応で、
尿の排出をすることで余計な水分を体外に出そうとするからなんです。
その結果、運動能力が低下して体温が上昇し、熱中症の原因となってしまうんですよね。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか。

熱中症を効果的に予防する対策
  • 長時間外にいないこと
  • 室内外で温度差が激しいため、羽織を1枚持ち歩き体温調節をすること
  • 帽子や日傘などで直射日光を避けること
  • 水分と一緒に必ず塩分を補給すること!
  • 分も一緒に摂取すると腸管での水分吸収を糖分が促進するされるのでさらに効果的!

これを一番簡単に摂取できるのがイオン飲料になります。
水分・塩分・糖分を万遍なく補給できるすぐれた飲料ということになります。

でもイオン飲料が苦手な人もいますよね。
そういう方には
おススメ!イオン飲料が苦手な方はお茶1ℓに塩小さじ1を混ぜた塩茶が最適です!

最近では、熱中症対策のアメなども市販されているのでこちらで糖分も取れますよね。
積極的に取り入れて熱中症を予防しましょう。

まとめ

熱中症は、真夏よりも暑さに体が慣れていない初夏や梅雨時期にも起こりやすいとも言われています。
地球温暖化で年々最高気温も上がっているのもあり、更に気を付けなければいけません。
特に乳幼児や、高齢者は体力がない分さらに発症する危険度は高まるので、
周りにいる方にも気を配ってみんなで防いでいけるよう予備知識を持って楽しく生活を送ってください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る