熱中症に効果的な食べ物はコレ!塩分やクエン酸が鍵!

b2d559af683cb1ecbebc2765fe0e479a_s

暑い季節がやってくると気をつけなければならなくなるのが熱中症です。

普段からスポーツをされている方にとっても、夏場は暑さ対策が大変だと思います。
しかし暑いからといって健康と体型を維持するためには運動を欠かすことは出来ませんよね。

そこで、美しさを保つために日々努力されている貴女に、
熱中症に強くなるための食べ物についてご紹介します。

スポンサードリンク

熱中症になる原因と症状は?

まず、熱中症がどのようにして起こり、どのような症状が出るのかを知る必要があります。
体を熱中症から守るために、正しい知識を身につけてましょう。

熱中症は、気象条件と体調の二つが重なるときに起こります。

風がほとんど吹かず、日差しが強く気温が高くて、
湿度が高い日に、睡眠不足や朝食を抜いたりして栄養をきちんと取れていなかったり、
また風邪など病気をしていたり、病後だったりと体力が低下しているときに起こり
ます。

ちゃんと食べること、眠ることは、病気の予防にもなることなので大切なことです。

では、熱中症になってしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?

様々な症状が出るのですが、大きく3つに分けられます。

① めまいや立ちくらみ、筋肉の痛みが出たり硬直する、大量の汗が出る
② 頭痛がする、気分が悪くなって吐き気がする、嘔吐する、体がだるくなり力が入らなくなる
③ 体全体が熱くなり、手足が痺れて思うように動かせなくなる、立ってもまっすぐに歩けなくなる、意識がなくなる

①や②の症状の時は涼しい風通しのよう場所に移動して、
衣服を緩め、水分塩分を補給し体を休めます。

③のような症状があるときは、
危険な状態なのですぐに救急車を呼んで医療機関を受診しましょう。

スポーツをしているときは特に、
ついさっきまでは大丈夫だったのに…というほど急に症状がかわる事があるので、
暑い時には普段以上に、常に自分の体の状態を客観的に観る必要があります。

スポーツに熱中しているときは特に危険なので、周りの人も気をつけるようにするといいですね。

熱中症には塩分とクエン酸が関係している!

熱中症が起こる原因は分かりましたが、
体の中ではどのようなことが起こっているのか。

次は熱中症になった時の体の中の状態を見ていきましょう。

熱中症は先ほど述べたような環境で、
長時間体を動かすなどしたために汗として水分と塩分、
ミネラル(ナトリウムやカリウム)が出てしまい、
体温調節がうまくできなくなった時
に起こります。

そうならないためには、失った水分とともに、
塩分、ミネラルを飲み物や食べ物から摂ることが必要となります。

塩分やミネラルと一緒に、クエン酸も摂取するとなおいいです。
(クエン酸は疲労回復させる効果があります。)

日頃から熱中症になりにくくするために、
効果的にこれらの栄養素を食べ物や飲み物から摂ることで、
熱中症に強い体を作ることが重要となってきます。

スポンサードリンク

熱中症に効く効果的な食べ物はコレ!

5f969690a93ecfbfa4fa7d323df5f620_s
(熱中症に耐えられる強い体を作る食べ物はコレ!)

それでは次に熱中症に強い体を作るために必要な栄養素を含む食べ物をご紹介します。

●クエン酸を含む食品
梅干し、お酢、レモン、グレープフルーツ、パイナップル

クエン酸には、疲労物質である乳酸の発生を抑え、疲労回復効果があります。
疲れた時には酸っぱいものをとよく言いますね。

クエン酸は疲労回復だけでなく、
乳酸や脂肪をエネルギーに変えて体に活力を与える働きもあります。

●カリウムを多く含む食品
かぼちゃ、ニラ、トマト、ナス、水菜、里芋、干し芋、ジャガイモ、切り干し大根、
パセリ、茹でた枝豆、ニンニク、唐辛子、ほうれん草、大豆、
グリンピース、ナッツ類、昆布、ワカメ、海苔、かつお節、するめ

カリウムが不足すると細胞そのものが脱水症状になって機能障害を起こす危険があります。
カリウムはアルコールやコーヒーを好む人は欠乏しやすいので、
そういう方は意識して摂ることが大切です。

暑い時期は冷たいビールを好む方も多いと思いますが、
アルコールは利尿作用があって体の中の水分を減らしてしまう上に、
先ほど述べたようにカリウムが不足しやすくなり、
熱中症をさらに悪化させてしまいます。

飲むときは気を付ける必要があります。

●ビタミンB1を多く含む食品
豚肉、うなぎ、玄米、たらこ、きな粉

ビタミンB1が不足すると乳酸などの疲労物質がたまりやすくなり、
エネルギーの代謝が悪くなります。

疲れがたまることも熱中症の原因となるので、
ビタミンB1をきちんと摂って疲れをためないようにすることが大切です。

●アリシンを多く含む食品
玉ねぎ、ニンニク、ニラ、ネギ、らっきょう

アリシンをビタミンB1と一緒に摂取すると、
単独では吸収しにくいビタミンB1を体内に取り込みやすくなります。

この二つをうまく組み合わせた料理は、
熱中症に強い体作りに効果的ということになります。

これらの食品を意識して摂ることも大事ですが、
組み合わせも考えながらバランスよく食べることが大切です。

そういう意味で、夏に具がたくさん入った味噌汁を
飲むことはかなり熱中症に効果があると言えます。

昔から、旬の時期に旬のものをきちんと食べる、
と言われていますが、これもとても理にかなったことなのです。

新鮮な旬の食べ物を取り入れながらメニューを考えるのが
熱中症に強い体づくりをする上で一番大切なことなのです。

熱中症予防に効く簡単レシピをご紹介!

photo_01021
熱中症にはバランスよく栄養を摂取することが一番大切だという
ことがわかりましたね。

そこで!暑い日に美味しく食べられて簡単に作れる
「熱中症予防に最低なレシピ!」をご紹介したいと思います。

☆熱中症予防にはコレ!簡単レシピ「ネバネバ爆弾!」

材料 一人分
納豆1個
オクラ2本
キムチ30g(お好みで)
山芋2㎝幅
みょうが1本
醤油小さじ2~
わさび適量
だし汁小さじ1~
レモン果汁大さじ1
作り方
1.オクラを小口切りにして山芋をすりおろしておく。
みょうがを千切りにして、キムチも食べ易いサイズにカットする。

2.ボウルに、納豆、醤油、だし汁、わさび入れてまぜあわせ、
味見をしながら調味料を調整して仕上げる。

3.器に納豆、オクラ、山芋、みょうが、キムチをのせ、レモン果汁を回しかける。

※お好みでモロヘイヤなどを入れてもOK!
 ビタミンB1が同時に取れるのでさらに効果的です!

納豆の大豆たんぱくに加え、ネバネバ成分のムチンで免疫力をアップできる
食材群。
新陳代謝を良くして疲れにくくしてくれます。

さらにキムチと納豆で乳酸菌が倍増するので腸の働きを促し
便通も良くしてくれて嬉しいですね。

オクラには食物繊維やビタミンCも豊富なので
紫外線予防にも効果的!

この夏是非お試し頂きたいさっぱりレシピです♪

まとめ

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s

熱中症というと、飲み物ばかりに目が行きがちですが、
食べ物をきちんとバランスよく食べることで
熱中症に強い体を作ることにつながることが分かりました。

先に述べたような食べ物をうまく組み合わせたメニューを考えて、
熱中症に耐えられる体作りが必要です。

それに加えて、きちんとトレーニングを積むことで
筋肉量が増えていくと発熱と発刊機能がよくなり、
体温調節機能がよりうまく働くようになります。

暑いから避けるのではなく、うまくスポーツを取り入れることも、
熱中症に強い体を作ることに繋がります。

きちんと食べて、きちんと寝て、無理しすぎない範囲でちゃんと運動もする、
これが暑い夏に健康に過ごす秘訣となるので、日頃の生活に上手に取り入れていきたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る