夏バテ防止食材を使った解消レシピはコレ!

004050

「夏バテかも…食欲がなくて…疲れも取れないし…」

夏になると周りでよく耳にしますよね。

夏バテとはどんな症状で、どんな時に起こるのかご存知ですか?

夏バテのメカニズムを知り、夏バテ防止のために食べた方が良い食材が分かっていると、夏バテ防止になりますよね。

そこで今回は、夏バテのメカニズム・夏バテ防止の食材・夏バテ防止の食材を使ったレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

夏バテのメカニズム

夏バテはなぜ起きるのでしょうか?

夏バテの症状はいくつもありますが、食欲がなくなり、身体が怠くなると「夏バテかも…」と思われると思います。

この夏バテの原因はいくつかありますが、大きな原因は3つあります。

原因➀
胃腸が弱り、食用不振になり、栄養がうまく摂取できなくなって栄養失調の状態になり、夏バテの症状が起きます。

原因➁
夏になると気温が上がりますので、体温を下げるために汗をかきます。
汗をかくことにより体温を一定に保ちますが、水分の摂取が足らないと水分不足を起こし、脱水症状のようになることが原因となります。

原因➂
気温の変化です。
暑い夏はどうしても、冷房の効いた部屋に避難してしまうことが多いですが、外との温度差がありすぎると、体内の温度を調節する自律神経が乱れ、体温調節ができなくなってしまいます。

この三つが原因で夏バテが起こります。

夏バテにならないようにするには、冷たいものばかりを摂取して、体を冷やして胃腸を弱らせないことと、水分をこまめにとり、体内の水分不足を起こさないこと、外と室内の温度差を極端にしないことが夏バテをしない体を作る第一歩です。

夏バテ防止食材は何がある?

004050

夏バテの一つに、食欲がなくなってしまうことがあります。

食欲がなくなってしまうと、栄養失調になり、普段の生活に影響してしまいます。

そこで、夏バテ防止になる食材をご紹介します。

夏バテ防止や解消に良い栄養素は、
ビタミンB1・ビタミンB2・クエン酸などが有効で、
豚肉・レバー・納豆・豆腐・ウナギ・イワシ・にんにく・ニラ・山芋・酢・レモン・梅干などがあります。

豚肉・レバー・納豆・豆腐・ウナギ・イワシにはビタミンB1・B2が多く含まれています。

酢・レモン・梅干にはクエン酸が含まれています。

このビタミンB1・B2・クエン酸は乳酸や脂肪などの疲れの元を溜らなくしてくれます。

ウナギ・イワシ・にんにく・ニラ・山芋はエネルギーに変わり、体力をつけてくれます。

その他にも、ビタミンB1・B2・クエン酸などの入った食品もありますので、毎日の食事に取り入れてください。

この食材を使った、簡単夏バテ防止レシピを次でご紹介したいと思います。

夏バテ解消レシピ➀

長いもと梅干のさっぱり和え

材料 (2人前)
長芋              15㎝
梅干(チューブでもok)     4個

(調味料)
めんつゆ            お好みの量
わさび            お好みで

作り方

・ 長芋の皮をむきます。
・ ビニール袋やジッパー付きの袋に長芋を入れて、めん棒などで食べやすい大きさに叩いて砕きます。(袋を破らないように注意してください)
・ 梅干は種を取り、お皿に乗せてスプーンやフォークの裏側で潰します。
・ 長芋と梅干を混ぜて、めんつゆで味を調えお好みでわさびを入れたら完成です。

キュウリやカイワレ大根を混ぜても美味しいです。

さっぱりとしていて、手間もかかりませんので食欲がなく、準備するのも面倒という時に是非お試しください。

スポンサードリンク

夏バテ解消レシピ➁

豚肉と玉ねぎのケチャップ和え

材料(2人前)
豚小間切れ       200g
玉ねぎ         半分
キュウリ        半分

(調味料)
ケチャップ       大さじ2
オリーブオイル     50㎜
ソース         大さじ1
塩コショウ       少量

作り方

・ 玉ねぎを薄くスライスし、キュウリを千切りにしてどちらも塩をふり、揉んで水にさらしておきます。
・ ケチャップ、オリーブオイル、ソース。塩コショウを合わせて混ぜておきます。
・ 豚小間切れを茹でて火が通ったら氷水で冷やします。
・ 玉ねぎ、キュウリをしっかり水切りして、合わせた調味料に入れて和えます。
・ 豚肉も入れて和えます。
・ 器に盛りつけて完成。

味もしっかりしていて、ご飯も進みますので食欲のない時におすすめです。

夏バテ解消レシピ➂

しそジュース

材料
赤シソ    450g
お湯     2.5リットル
砂糖     1㎏
クエン酸   30g

その他
百均などで売っているお茶のパック数枚

作り方

赤シソを丁寧に洗います。
・ 綺麗に洗った赤シソをお茶パックに少しずつ分けて入れておきます。
・ お湯を鍋に準備し、赤シソを入れたパックをお湯に沈めて煮ます。
・ 紫の色がお湯についたら火を止め、赤シソを入れたパックを取り出し、砂糖・重曹を入れて溶かします。
・ 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です。
・ お好みの濃さに割ってお飲みください。

炭酸水で割ると飲みやすくなります。
シソは消化吸収を助けてくれますので、夏バテ解消におすすめのドリンクですのでぜひ作ってみてくださいね。

まとめ

夏バテを起こすと、体調を崩し生活にも影響してきます。

暑いからといって、冷たいものの飲みすぎや、冷房で身体を冷やしてしまうのは、夏バテを悪化させる原因になりますので、気を付けてください。

冷たいものの飲みすぎや、体を冷やしてしまうと胃腸も弱り、食欲も減退してしまいますので、胃腸に優しいものを飲んだり食べたりして、夏バテを解消してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る