花粉症の鼻づまりで息ができない時の対処&治す方法

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

花粉症で鼻が詰まってしまって息が出来なくなってしまうことは、花粉症の方は誰でも経験のあることだと思います。

ひどい風邪をひいたときも同様ですが、鼻詰まりが酷くなると、夜に寝ることもままならないなんてことがよくあるのではないでしょうか?

そんな鼻詰まりに悩む方のために、鼻詰まりの対処法や、治す方法をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症の鼻づまり

花粉症の症状が始まった時、鼻の奥の方ではどのような状態になっているのでしょうか?

花粉というアレルゲンが鼻の奥の粘膜に貼りついて、そのアレルゲンから身体を守ろうと防御反応が出るのが花粉症ですが、身体を守ろうとするために、鼻の中の粘膜が炎症を起こします。
炎症を起こして腫れ上がった鼻の粘膜が、空気の通り道を塞いでしまうために鼻詰まりが起こるのです。

透明でサラッとした鼻水が大量に出るので、それが鼻の奥で溜まっているのかと思う方もおられるかもしれませんが、実はそうではないのですね。

ツーっと流れる鼻水を何度もかまないといられないと、強く何度も何度もかむと余計に炎症をひどくしてしまうこともあるので、鼻をかむときにも注意が必要です。

鼻詰まりを放っておくと、知らず知らずのうちに口呼吸になって、寝ている時は特にひどく乾燥することと、ウィルスなどを直接吸い込むことによって、病気に感染しやすくなることからも、早めに対処しておくことが大切です。

鼻づまりで息ができない時の対処法

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
鼻づまりになってしまうと、息が苦しくなってしまい夜もなかなか寝付けないことも多くその他にも、あたまがボーっとなってしまって集中できなかったり、日常生活に差し支えてしまうことがよく起こります。

鼻づまりで息ができない時の対処法を少し知っておくと、少し楽になるので是非覚えておきましょう。

~鼻腔を広げるテープを使う方法~

炎症を起こして腫れた鼻腔を少しでも広げることで、呼吸が楽になります。
鼻の外側から貼るテープで、鼻腔を広げることが出来るものが市販されています。
商品名は「ブリーズライト」と言って、大人用に子供用も売っています。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
確かに貼ってみると呼吸が少し楽になる効果があるようですが、テープの粘着力が比較的強いようで、肌の弱い方の場合は剥がす際に鼻の頭が真っ赤になり、トナカイのようになってしまうことがあるので注意が必要です。

テープの中央部分にティッシュを挟んで貼ったり、剥がす際に水にぬらすと少し剥がしやすくなります。

「ブリーズライト」の他に類似品も市販されていますが、本家本元の方が使い勝手は良いようです。

~アロマの力で楽にする~

アロマはリラックス効果もあり、特に寝るときにアロマを使った鼻づまり対策をするのがお勧めです。

数あるアロマの中でも効果のあるのが、「ユーカリオイル」です。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
寝るときなら、枕やパジャマの袖口などに少しオイルを垂らしておきましょう。
ユーカリの香りで鼻づまりが少し楽になります。

そして枕元にも置いておけば夜中に突然苦しくなった時も対処できますし、
昼間に外出する時にも持ち歩けば役立つこと間違いなしです。アロマオイルの瓶は小さいので持ち歩くのもかさばりませんよ。

瓶から直接嗅ぐ際は、瓶に出来るだけ鼻を近づけてクンクンと匂いをかぎましょう。

スポンサードリンク

~寝る際に頭の方側を高くして寝る~

布団に対して水平に寝るよりも、頭の方側を少し高くすることで鼻腔が広がりやすくなり呼吸が楽になります。

枕を高くするのではなく、上半身が全体的にリクライニングするように、布団の下にバスタオルや座布団などを敷いて傾斜をつけるようにしましょう。

~お茶で鼻詰まりを楽に~

花粉症の症状を和らげる効果のあるお茶も最近では色々販売されています。

緑茶、甜茶やシソ茶、笹茶などがありますが、即効性は期待できません。

出来れば花粉症のシーズンが来る前から毎日飲む習慣をつけておくのが一番効果的と言われています。
自分にあう、飲みやすいものを選びましょう。

~ペットボトルで!?鼻づまりを治す方法~

夜寝るときに身体を横向きにして寝ると、詰まっていた鼻の片方がスッキリ開通した経験はありませんか?

これは、脇の下にある自立神経が圧迫されたことで一時的に鼻の粘膜の血流が変わり充血が良くなるためで、これを利用したのがペットボトルを使う方法です。
(テニスボールなどでも代用可能です。身近にあるもので)

ペットボトルを脇の下にグッと挟み込み、少し経つと挟んだ方と反対の鼻の鼻づまりが少し楽になります。

これは一時的に楽にする方法なので、寝るときなどには向きませんが、苦しいのを少しでも楽にしたいという時にぜひ、実践してみましょう。

花粉症の鼻づまりを治す方法

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
花粉症の鼻づまりを根本的に治すには、やはりアレルゲンである花粉への身体の防御反応を弱めることが大切です。

抗アレルギー薬や炎症そのものを抑える薬を服用したり、直接炎症を起こしている鼻粘膜に噴霧する、点鼻薬などもよく使われています。

この他にもレーザーを使って鼻の粘膜を焼く治療法などもあります。

いずれにしても、花粉症の鼻づまりを治すためには、

・出来るだけアレルゲンの花粉が鼻の粘膜につかないようにすること
・アレルギーに対する反応を抑えること
・起こってしまった炎症を抑えること

が大切です。

まとめ

06dd772f3f824402c06177670a12b46f_s
花粉症の時につらい鼻づまりを少しでも楽にする方法を色々とご紹介しました。

一時的に解消する方法から、長時間解消してくれるものまで色々ありますが、やはり根本的な花粉に対する反応を抑えることが一番です。

もう毎年繰り返しているという方は、シーズンに入る前から病院で薬を処方してもらったり花粉症に効果のあるお茶を飲むのもお勧めです。

早め早めの対策をしておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る