春バテとは?症状や対策法はコレ!

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

春が来ると、気温も上がり過ごしやすくなるのですが、なぜか春になると調子が悪いかな?
と感じる方は意外にも多いようです。

そんな春バテの症状やその対策法についてご紹介します。

少しでも不調を解消して、気候のいい季節を気持ちよく過ごしましょう。

スポンサードリンク

春バテとは

春は温かくなるとは言え、まだまだ寒い日もあり昼間と夜の気温差も激しく、
身体がついていかなくなった経験はありませんか?

春バテとはそんな春に起こる体の不調の事を指します。

不調になる原因は色々ありますが、以下のようなことが挙げられます。

○ 新入学や進級、就職や転勤など今までの生活が変化することの多い季節であること。
○ 春先は大陸からやってくる移動性高気圧の動きが複雑なため気圧の変動が激しくなるため。
○ 春は天気の移り変わりのサイクルが早く、昼間と夜の寒暖差が大きくなることが多いため。
○ 寒暖差で起こる身体の冷えや生活の変化に伴うストレスでホルモンバランスが崩れるため。

天候や生活の変化に体が対応するのが精一杯という状態になり、体に不調が出てくるのですね。

春バテの症状

9aaa8055472fbca0fd229b35b7fbd66f_s
春バテの症状は、以下のようなことが挙げられます。

「イライラする」「気分が落ち込む」「憂鬱な気持ちになる」という症状は精神的なストレス、自律神経の乱れから起こります。

先に述べたように新しい生活に対する緊張やストレスで、自律神経が乱れてしまうのです。

「肩こり」「手足が冷える」「身体がだるく感じることが多い」という症状は、
天候不順や激しい気圧の変化などから起こる身体の冷えや
目まぐるしく変わる天気や気温の変化に自律神経が上手く対応できなくなり、身体がバテてしまうのが原因になっています。

そしてこのような自律神経の乱れや冷えが長期間続くと
最終的には「夜あまり寝られない」「寝つきが悪くなる」などの症状を引き起こし、
そのせいで寝覚めが悪かったり昼間に眠くなったりして、睡眠のサイクルが狂ってしまいます。

悪循環になり進行していくと、五月病やうつ病へと発展していってしまうので、
そうなる前に対処したいですね。

スポンサードリンク

春バテの解消法

春バテがずっと続いてしまうと、悪循環がさらにひどくなって
深刻な五月病やうつ病に進んでしまうこともあるので
早めに解消して悪化しないように心がけたいですよね?春バテの解消法をご紹介します。

~腹式呼吸で深く大きく呼吸する~

普段私たちが日常生活を送る中で自然に行っているのは胸式呼吸で浅い呼吸ですが
時々意識して腹式呼吸をすることで横隔膜などの体幹の筋肉が動き
内臓の動きを活発にすることが出来ます。
これを続けていくと、副交感神経が優位になってストレスが解消できます。
寝る前に、静かな部屋で布団に横になってお腹を意識して
数回呼吸を繰り返し気持ちを落ち着けましょう。
息が入るときにお腹が膨らみ、吐くときにはお腹がへこませます。
風船が膨らんだりしぼんだりするのをイメージするとよいでしょう。
腹式呼吸で整えてから就寝すると寝つきもよくなるでしょう。
間違ってもこの後にスマホを手に取ってメールチェックなどはしないように。

~体を温める効果のあるセロトニンやドーパミンの分泌を活発にする~

身体を温めると、セロトニンと呼ばれる幸せホルモンや、ドーパミンと呼ばれるやる気ホルモンの
分泌が活発化します。体が温まることでもちろん血流もよくなるので、
冷え性はもちろんのこと成人病の予防にもなります。
今、体を温める効果のある食材として「生姜」が注目されていますが、
生姜をきれいに洗って皮ごとすりおろしたものをお茶に混ぜて飲んだり、
お酢とはちみつに漬けたみじん切りの生姜(これも皮つきのままで)を食事の際に少し取ったりして
一日数回に分けて少しずつ身体に取りいれるととても効果的です。
生姜を上手に取りいれて冷えをなくし、セロトニンやドーパミンの働きを活発化させましょう。

~炭酸水の入浴で自律神経を整えましょう~

今話題の炭酸水入浴は、自律神経を整え副交感神経の働きを活発にすると言われていす。
副交感神経が活発化すると体はリラックスするのでストレスが解消されるという仕組みです。
副交感神経が活発化すれば眠りにも入りやすくなるので、不眠にも効果があります。
週に5日以上、10~20分程度で炭酸水入浴をすると、自律神経が次第に整ってきます。
炭酸水は重曹(大さじ2)クエン酸(大さじ1)あら塩(大さじ2)を混ぜたものを
入浴する直前に浴槽のお湯(ぬるめのお湯)の中に入れましょう。
この時に量が多すぎると炭酸ガスが発生し酸欠になる恐れがあるので
量を増やすのは大変危険です。また換気にも気を配りましょう。
重曹、クエン酸、粗塩は混ぜて長期間置いておくのもお勧めできません。
その都度混ぜるようにしましょう。

~適度な運動を普段の生活に取りいれましょう~

適度な運動を毎日の生活習慣にすることで、身体の血行が良くなります。
身体を疲れない程度に心地よく動かすとストレス解消にとても効果があります。
次の日にひどい筋肉痛になるような過度な運動ではなく、軽いウォーキングやストレッチがいいでしょう。
お勧めなのが朝起きてからすぐに少し散歩をしてその後、ストレッチをすると
体内時計が朝型になり、自律神経が整います。お日様の動きに合った規則正しい生活は
自律神経を整える上でとても重要なのです。
運動するのが難しい日には、朝起きて窓のカーテンを開けて朝日を浴びることでも
効果があるので、すぐにでも実践したいですね。

春バテの対策

56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s
春バテを起こさないような対策もしておくといいですね。
春バテにならないようにするための対策をご紹介しておきましょう。

春は天候が不順で気温差も激しく、体調を崩しやすくなります。
この気温差が春バテの原因の大きな要因の一つとも言われているので、気温差に対応できるように服装に気を配ることが大切です。

天気予報などでも、「一枚はおるものを持って…」とよく呼びかけていますが、寒い時には着こみ、暑くなったら脱ぐというように簡単に調節しやすい服装を心がけましょう。

寒い時に薄着をしていると体は冷え、風邪を引いたり体調も崩しやすくなるので気を付けたいですね。

先ほど述べたように、食事や入浴でも冷えを解消することが出来るので、バテたな?と感じる前から実践しておくといいでしょう。

あと、食事や睡眠も健康的な生活を送る上でとても大切です。

栄養バランスのとれた食事を3食きちんと出来るだけ決まった時間に取り、
良質な睡眠をとれるように、副交感神経を活発にする入浴法や呼吸法を実践すると春バテの対策に効果があります。

先にも少し触れましたが、昨今はネット社会でPCやスマホなどを使う機会が数年前に比べるととても多くなりました。

とても便利なものですが、PCやスマホから発せられるブルーライトは交感神経を刺激します。
寝る直前までずっとスマホを握りしめるような生活は避け、毎日スマホやPCは○時までと決めて、寝る前には副交感神経が活発になるようにリラックスタイムを設けるようにしましょう。

まとめ

春バテは天候や気温の変化、生活の変化によるストレスなどで起こりますが、

それを予防するには、規則正しい生活とバランスの取れた食事、身体を冷やさないように気を付けて、寝る前には副交感神経が活発化するようにすることが大切です。

スマホやPCは寝る前には使わないようにして、良質な睡眠がとれるようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る