超早期がんを発見する特別検査をご紹介健康診断で見落とされる恐怖から開放!

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

今いくよさんや今井雅之さんが「がん」でお亡くなりになり、
日本中が悲しみに包まれました。

お二人も体調不良を感じて病院へ行ったら
突然の「がん」宣告ですでにステージ4。

不調があってからではすでに手遅れ・・・
という事体が相次いていますよね。

そこで今回は
健康診断でも見落とされてしまうという
「超早期がん」
を発見するための知識・検査についてお話したいと思います。

今や「がん」は二人に一人がなる国民病です。(いや、世界病ですね)
自分で自分の身を把握して「がん」に備えましょう。

スポンサードリンク

超早期がんを発見する特別検査とは?

超早期に「がん」を発見するために、いろんな検査が発明されていますね。
そこで今回はその中でも気軽に受けられる特別検査をご紹介いたします。

特別検査① バーチャル内視鏡

胃がんや大腸がんの早期発見には欠かせない内視鏡検査。
でも恥ずかしいし痛みを伴うのでやりたくない!という人も多いのが現状ですよね。
そこで出てくるのがこの「バーチャル内視鏡」。

これですと痛みもありませんし、さらに内視鏡検査では見落とされることもある
ポリープ等でもバーチャル内視鏡だと5mm以上なら見落とすことはないんだそう。

検査の精度は高くいいのですが、ポリープが見つかった場合の切除は
できないため、バーチャルで問題が発覚した場合は本物の内視鏡検査が必要になります。

でも痛みがなく精密な検査ができるならいいですよね!

気になる費用ですが・・・内視鏡検査と変わらない金額です。
病院によって差はあると思いますが、保険適用で5000~8000円くらい、
自由診療だと3万~4万円くらいになります。

超早期にがんを発見できる素晴らしい検査ですので是非チャレンジしてみてください。

特別検査② アミノ酸濃度でわかるがんリスク検査「AICS」

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)と呼ばれてるこの検査は
血液中のアミノ酸濃度を測るのですが
たった5mlの血液を採取するだけで
7種類のがんリスクを判定することができてしまうすごい検査です。

男性・・・大腸がん、胃がん、肺がん、前立腺がんの4種
女性・・・大腸がん、胃がん、肺がん、子宮がん、卵巣がん、乳がんの5種
のがんに対して検査をすることができます。

この検査ではランクA~Cで判定が出てきますが、
ランクCになると「がん」の可能性が高いので精密検査を受けましょう!
という指標になります。

大腸がん、胃がん、肺がんなどメジャーな部位が網羅されているので
これはとてもありがたい検査ですよね。

気になる費用は
男性4種類 で大体20,000円前後
女性5種類 でも大体20,000円前後
女性2種類(乳がんと子宮がんor卵巣がん)だと大体10,000円前後

採血するだけですから手軽ですから超早期がんの発見にはもってこいですよね!

スポンサードリンク

特別検査③ C・エレガンス

C・エレガンスという体長1ミリの線虫がいるのですがこれを使った検査がすごいのです。
なんと!尿一滴さえあればがん検査ができてしまいます!
しかもがん発見率は驚異の96%というから驚きですよね。

C・エレガンスを使って超早期がんを発見できる部位は
胃がん、大腸がん、食道がん、前立腺がんなど代表的なところに加え、
5年生存率わずか1%で早期発見がとても難しいとされている膵臓(すいぞう)がん
まで発見してくれちゃいます!!!

検査方法としては
①C・エレガンスを100匹ほど用意してシャレーへ
②被験者の尿を一滴ビーカーに垂らす
だけで検査終了です。

C・エレガンスはがん細胞のニオイが大好き!
C・エレガンスは犬のように嗅覚が優れていて
自分の好きなニオイがあるとこれに釣られて寄っていきます。

面白い検査方法ですよね~

しかもこの検査、発見率や検査方法も驚きですけど費用も安い!!

検査にかかる費用はたったの100円~300円程度なんですよ!

そして検査の精度ですが、がん発見率96%。

一般的な血液検査での腫瘍マーカーですと
一定数のがいん細胞にならないと見逃されてしまうんですよね。
C・エレガンスと同じ条件で検査したと仮定した場合、
腫瘍マーカーの発見率は16.2%~25%程度だといいます。

つまりC・エレガンスは超早期のがんでも見逃さずしっかりと発見してくれるということ。

血液検査よりも安くて精密だったら今すぐにでもやりたくなりますよね。

ただC・エレガンスに関しては
がん検査として技術が確立するまで5年、実用化に至っては10年
かかるらしいのでまだまだ検査ができるようになるのは先になりそうですね。

まとめ

以上、超早期にがんを発見できる検査をご紹介いたしました。

これが実用化された暁には
随分と「がん」患者が減り経済的にも助かりますよね。

ただ、ますます高齢化社会になっちゃうかもしれませんが・・。

なるべく痛みを抑えて検査ができることが本当にありがたいこと。
二人に一人はがんになる時代ですので、みなさんも是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る